No.3,717 湯ノ丸山、三方ヶ峰  <C>

パーテイー女性8名
2022年6月27日(月)晴。予定通り、不要の荷を地蔵峠の宿に預けて、スキー場のリフトに乗り、下りて3分歩くと一面オレンジ色も鮮やかなレンゲツツジの咲く平原に着いた。今年は急に暑い日が続いたので咲き終わっているのでは・・・と心配していましたがリーダーとしては今回のメインだったのでホッとしました。一般の見物者も居る中、我々も写真を撮ったりしながらのんびりと花鑑賞をしました。その後、鐘の鳴る分岐からいよいよ湯ノ丸山への登山開始。登る途中もレンゲツツジは勿論、イワカガミ、ゴゼンタチバナ、シャクナゲ、ツマトリソウなど色々な花が咲いていました。石がゴロゴロ結構段差があり辛い登りですが花々に癒されいつの間にか湯ノ丸山本峰に到着。ザックをデポして三角点のある北峰を往復し昼食タイム。すぐ近くに烏帽子岳、その奥には北アルプスの山々が見えました。汗をかいた後なのか食事をしている間寒い位で上着を着る人も居ました。極暑に耐えている平地に居る人に申し訳ない・・・。これも登山の醍醐味でしょうか。下山は鐘の鳴る分岐からカラ松など樹林の中の心地良い平坦な道を下りキャンプ場を通って宿へ。
リフト乗り場10:30-鐘の鳴る分岐11:10-湯ノ丸山2:10昼食北峰ピストン13:30-鐘の鳴る分岐14:15~50-15:30宿

6月28日(火)晴。宿の車で池の平まで送ってもらい木道の湿原散策をし、鏡池のカモの親子や斜面のレンゲツツジ、湿原の花を見て三方ヶ峰に登る。ここにはコマクサが咲いており、珍しい白のコマクサもあった。その先の見晴岳でもコマクサが沢山咲いており名前の通り展望のよいピークで多少霧がかかっていたが北ア、乗鞍、御嶽なども見ることが出来た。のんびり眺望を楽しんでから池の平に下りアズマ屋で昼食にした。
池の平歩き出し9:10-三方ヶ峰9:40~10:00-見晴岳10:10~45-池の平11:40(昼食)12:00宿の車で12:20宿へ。入浴後宿の車で佐久平駅へ(解散)
今回泊った宿はとても親切で駅までの送迎、翌日の池の平までの送迎、チェックアウト後の入浴すべて無料、おまけにお土産付きの山行になりました。

No3716 編笠山から権現岳へ  <B>

パーティー:女性6,男性2名 計8名

2022年6月26日(日)曇り
 観音平では車がいっぱい。沢山の人が登っているようだ。雲海まで木々のひんやりとした空気の中、笹が生い茂る緑の道を快適に登って行く。水分補給して穏やかな勾配をところどころの岩を乗り越えながら森の中に入っていくとドウダンツツジが満開でかわいい。足元にはマイヅルソウやミツバオイレン、ゴゼンタチバナと高山植物が楽しませてくれる。開けたところが押手川。編笠山の道標を確認して急登する。途中の苔が生えてきれいな岩場で昼食にした。鉄のハシゴを登り、ハイマツ帯を抜けて頂上へ。富士山から鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳の南アルプスのパノラマが広がり素晴らしい景色。「いいねェー日本の山はー」とほれぼれ。でも北方面が雲に覆われているため明日登りたい権現岳、それに八ヶ岳の主峰赤岳が見えない。また、すごい風が吹いて足がすくわれそうになる。岩と岩の間を下に見える岳が見えない。また、すごい風が吹いて足がすくわれそうになる。岩と岩の間を下に見える青年小屋に向かって慎重に下りる。ところどころにイワカガミが沢山咲いていてみんなの心を和ませてくれる。ありがとう。
観音平9:30-雲海10:30-押手川11:10-お昼11:30~12:30-編笠山山頂13:10~13:40-青年小屋14:00(泊)
6月27日(月)
朝6時過ぎになっても夜間ずっと吹いていた風がやまず、それに霧が濃くて権現岳は一向に姿を現さない。樹林帯ではこの風はさえぎられるが権現岳の頂上や三ツ頭は木のないガレ場を歩くので危険。展望も期待できないと判断して観音平に戻ることにした。しっとりとした霧なので雨合羽を着用して出発。青年小屋から巻道で押手川へ。この道は苔むした世界が広がっていてとても素敵だ。大自然の営みに包まれている豊かな感覚が味わえる。紅色のイワカガミの花が笑っている姿に声をかけながら、昨日登った道を観音平まで下りた。一休みして八ヶ岳横断道路を行く。一面カラマツ林の中を三味線滝へ。涼しい水音を聞きながらゆっくりと昼食を終え、高原の風に吹かれて甲斐小泉の駅へ降りてきて解散。権現岳はまた会いに行きましょう。
青年小屋7:00-押手川9:00-雲海9:30-観音平10:10~30-三味線滝11:30~12:00昼食-甲斐小泉駅13:30

No.3,715 上州武尊山  <B>

上州武尊山
パーテイー:女性6、男性2名 計8名

6月18日(土)晴。朝6:30に宿の車で御水の水場の近くまで送ってもらい7:00に歩き出す。今日は天気が良いので多くの登山者が下の駐車場に車を停めて登っている。ここは、すでに1700m近いのでラッキーである。オグナスキー場の上部を上り登山道に入った。急登を登り前武尊に着く。日本武尊の銅像が建っている。不動岳を通り登ってきた人がいた。このコースは10年以上前に苦労したコースであることを思い出した。目の前に剣ヶ峰の岩場が迫っている。現在この岩場の通行は禁止されていて右に巻く登山道がつけられていた。家ノ串で少し休み中ノ岳南肩に着いた。下山はここから東北方向に行くのでザックを置いていくか迷ったが往復1時間位かかるので持っていくことにした。三ツ池は雪に覆われその先は長い雪渓になった。沖武尊の頂上にはたくさんの人が休んでいた。360度の展望であった。中ノ岳南肩に戻り下山コースに入った。直ぐに長い長い雪渓になった。慎重に進むと今度は鎖場となり通過に時間がかかった。この先も雪解けのぐちゃぐちゃな道なので靴が泥んこになった。セビオス岳で昼食。ここは真正面に至仏山が見えていた。高山平には避難小屋があって携帯が通じるところなので迎えの車を頼み先に進んだ。武尊牧場キャンプ場で宿の車に乗り宿へ。花咲の湯で汗を流し上毛高原駅と沼田駅に向かった。たくさんの花が咲いていて楽しめました。
7:00標高1700m付近歩き出し-8:15前武尊-家の串9:25-中ノ岳南肩10:15-上州武尊山(沖武尊)10:50~11:10-中ノ岳南肩11:30-セビオス岳12:50~13:20(昼食)-武尊牧場キャンプ場14:40

東京トレッキングクラブとは

40歳以上が会員資格で、東京周辺の山を主体に日帰りで静かな山を目指す山行が多いのが特徴です。

小屋泊り、テント山行やスキーなどもあり、年に60回くらいの計画を立てて実行しています。

天候によっては中止することもあります。体験山行やゲスト参加の制度もあります。

現在の会員数は60名くらいです。日常の喧騒を離れ、一緒に歩いてみませんか?

No.3,718 大菩薩嶺 <B>

パーテイー:女性2,男性2名 計4名

2022年6月4日(土)晴時々曇。梅雨入り前の不安定な天気が続いていたが、この日は天気に恵まれた。気温13~18度、風もなく快適な山行を楽しめた。行きのJRは座れない登山客もいるほど混んでいて、バスは臨時便が出た。標高差:登り472m、下り1165m。バスに乗り30分で標高1585mの上日川峠に到着。そこから1時間半で大菩薩峠着。小休止。お目当ての富士山は残念なことに雲の中。大菩薩嶺をいただく笹原は広く、見応え十分だ。峠から賽の河原そして雷岩へ続く稜線から遠くに目をやれば、南アルプスが見える。あれが北岳、鳳凰三山、雪渓の上に見えるのは赤石岳かな。と当てていく。富士山が少しだけ恥ずかしそうに顔を出す。1時間半で雷岩到着。ここで昼食。この間、唐松尾根からの登山者がひっきりなしに現れる。人気の山だ。ここから15分歩き、大菩薩嶺の頂上。標高2057m。展望はないが、とりあえず安堵。そして下山開始。日が差し込み映える若葉、小鳥のさえずり。所々段差があり、慎重に足を運びながら1時間かけて丸川峠に到着。残すは大菩薩登山口バス停までの下りだ。途中、倒木と岩を埋め尽くした苔は圧巻だ。ふわした苔に耳を近づけて山の音を聞く。我々を迎えてくれるかのような春蝉の合唱。15時45分、バス停到着。ここで解散。いろいろな楽しみ方のできた山行だった。
上日川峠9:10-福ちゃん荘9:40~50-大菩薩峠10:25~30-賽の河原10:35-雷岩11:25~30~55(昼食)-大菩薩嶺12:00-丸川峠13:10-大菩薩登山口バス停15:45

No.3710 男体山 <A>

パーテイー:男女各1 計2名

2022年5月28日(土)快晴。4名のパーテイーであったが直前で2名のキャンセルがあり2名になってしまったので、登山口からの往復にした。日光駅からのバス時刻にも変更があり登山開始が遅くなってしまった。今日は天気が良いのでこの伝統ある山には数百人の登山客が登り、盛況であった。二荒山神社からは1200mを超える高度差の往復なのでかなりキツイ。神社境内にある受付で登拝料を払い登山開始。登拝料は以前登った時の500円から値上がりして1000円になっていた。三合目から四合目は工事用車道。五合目から八合目は岩ごろごろの道。全身を使っての登りであった。頂上には奥の最高点の岩場に4~5mもある天を突くように鉄の神剣が立ち圧倒される。頂上からは360度の眺望が素晴らしい。近くには女峰山、大真名子、小真名子山、太郎山が見え、目を転じると沢筋に雪が残る日光白根山、皇海山、遠くには真白な尾瀬燧ケ岳と会津駒ヶ岳、その右に雲をかぶる雪山は荒海山方面か。一等三角点ならではの山座同定であった。下りは慎重に下って神社につき、ほとんど待たずにきたバスで駅に向かった。日本人の観光客がだいぶ多くなってきたが外国人の姿はまだほとんどない。
二荒山神社登山口9:50-3合目10:30-5合目11:05-8合目12:50-男体山頂上13:45~14:00-8合目14:30-4合目15:45-二荒山神社登山口16:25

No3709  滝子山  <B>

滝子山
パーティー:女性4,男性7名 計11名

2022年5月22日(日)曇りのち晴 この会としては珍しく男性の参加者が多かった。 時々青空が広がる中を笹子駅から道証地蔵の分岐まで車道を登って行く。久しぶりの晴れ間でたくさんの人が続く。一息入れて山道へ。対岸に渡り、沢音を聞きながらつかず離れずが今回のルート。滝もあり、きれいな沢の流れを見ながら続く。樹林帯を登り再び沢を渡り、迂回路へ。大鹿峠の分岐を過ぎ先ほど別れた沢沿いの道と合流。そこで昼食を終え砂金(?)を見ながらしばらくいって沢を離れ南斜面を登って尾根に出た。防火帯が開け、広々として気持ちがよく、新緑の木々の間から見える青空がとても美しい。
 神社が祀られた鎮西池からひと登りして滝子山の頂上へ。陽は差しているが富士山は雲の中。下山は檜平方面へ。長い女坂を緑とミツバツツジのピンク色を楽しみながら広い檜平へ。一休みして左へ折れ、藤沢方面へと向かい、谷沿いを結構長く歩き、疲れたころやっと集落。そして初狩駅で解散。
 5月のたっぷりの緑の中をたっぷりの歩きを楽しませていただいた山旅でした。自然と皆様のエネルギーを得て完走できました。ありがとうございます。
笹子駅8:50―道証地蔵10:50―大鹿峠分岐から沢合流11:20―昼食12:00-滝子山頂上13:30―檜平14:00~14:10-藤沢16:30―初狩駅17:00

No.3,708 神ノ主山から鳴虫山  <B>

パーテイー:女性3,男性1名  計4名

2022年5月8日(日)晴。日光駅から登山口につくと同年配の10数名のパ-テイ-が準備をしていて、先に登りだした。静かな杉林の中を登る。一休みする場所で前のグループを追い越す。アカヤシオは咲いてはいるがチラホラの状態であった。まだ早いらしい。これ程開花が遅れる年も珍しいのかもしれない。神ノ主山に着くとベンチがあり女峰山、男体山の展望が良い。この先は木の根が張り出している小さな幾つものピークを越えていくが、展望がない。アカヤシオの群生地のはずだが時期がずれている。或いは今年は裏年なのか。鳴虫山の頂上に着くと多くの登山者がいて景色を楽しんだりおしゃべりをしたりで皆楽しそう。女峰山から赤薙山の稜線が目の前に大きく広がっていた。女峰山の左側のピークは大真名子山か。男体山は林に隠れている。下りに入ったが急な階段なので目の前の景色をチラチラ見ながら注意していく。市街地に近づくと登山者より観光客のほうが多くなってきた。発電所から先は川に沿っていき、水量が多い憾満ケ淵では岩に彫られた梵語を見つけて大喜び。数十体の並び地蔵の所を過ぎ道路に出た。途中名物の水ようかんを買いに行く人もいたり、全員15:30の特急に乗り帰京。
東武日光駅9:00-登山口9:20-神ノ主山10:10-鳴虫山11:30~12:00-合峰12:20-独標13:00-憾満ケ淵14:05-東武日光駅15:00

No.3,707 富士山馬返  <C>

パーティー:女性8名

2022年5月3日(火)
馬返周辺に咲くフジザクラを楽しむはずでしたがほとんどの花は終わりかけていて
中の茶屋周辺の群落は完全に終わっていました。10日ほど前が丁度良かったでしょう
。ただ新緑の道は美しくまた歩きやすい道でしたので、すがすがしい空気を吸って
GWとは思えない静かな時間を過ごしました。船津胎内樹形は入域するのに待ち時間
がかかったため今回はスルーしました。立派な社殿の本宮富士浅間神社で最後の休憩
。御師の家の入口をのぞきながら富士山駅につきました。
10:10馬返-10:40大石茶屋跡-40分11:20中の茶屋12;00-13:00船津胎内樹型
-14:20浅間神社14:40-15:10富士山駅

No.3,704 五大尊つつじ公園から大高取山  <C>

パーテイー:女性7名

2022年4月30日(土)晴。五大尊つつじ公園までは歩いて20分ぐらいかかり今年もつつじ祭はしていなかった。残念ながらつつじもほとんど満開を過ぎて遅咲きのつつじがちらほら残っていた。まず五大尊へ登りお参りしました。五大尊とは五大明王の尊称で本堂には中央に大日如来の化身の使者である不動明王を置き東西南北に降(ごう)三世(ざんせ)大威徳(たいいとく)、軍(ぐん)茶利(たり)、金剛夜叉の明王をそれぞれ配し五大明王像が祀られています。園内を秩父三十四ヶ所写し霊場コースから坂東三十三ヶ所写し霊場コースの急な階段を登り標高が高く眺望を楽しめる場所から摩利支天の横を登って登山道に出た。尾根道は樹林帯の落ち葉道であった。30分程歩いたら新しい標識の東砥(と)山があり小休止しました。小さなアップダウンを15分程歩いて展望のよい西高取山で形良い筑波山が見えました。大高取山はかなり下って昨日雨が降ったので少しぬかるみの木の根の出た歩きにくい道を登って樹林を切り倒してしまう展望のよい大高取山頂上に着いた。椅子が何組かあってゆっくり昼食をしました。下山は35分ほどで桂木観音に出て眺望を少し楽しみました。ここから車道を少し下り又山道に入り虚空蔵菩薩で急な階段を登ってお参りをして来ました。車道に出て30分程の越生駅で解散しました。
越生駅9:38-五大尊つつじ公園10:05-登山口10:33-東砥山11:00-西高取山11:16~26-大高取山12:10~40-桂木観音13:15-虚空蔵菩薩14:25-15:25越生駅解散