No.3,813 志賀高原スキー

パーテイー:女性2名/男性4名 計6名

2月4日(日)曇。昼食後滑降を始めるが、今回はスキーは何十年ぶりY.Sさん方が参加されたので他の4名の方にはK.Sさんにゲレンデの案内をお願いして、LはY.Sさんと共に宿の近くのゲレンデで滑降する。Y.Sさんは過去には競技用の板で滑るほどの足前(?)だったが現在のカービングスキーは初めてとかでかなり苦戦していました。15時半ころ宿の戻ると他の4名は焼額の方まで行ってきたとか・・・夕食後は楽しく全員で歓談する。初参加のKさんの話が弾み、ほぼ独壇場でした。

2月5日(月)雪。朝から雪が降っていたが視界は悪くないのでY.Sさん(写真を撮ったりの別行動)を除く5名で9時半ころから焼額、奥志賀と降雪のの中、大いに楽しんだが雪はほぼ一日中降り続きランチタイムが長くなった。夜は昨夜同様話に花が咲き、またまたKさんの歌と踊りで盛り上がった。登山と異なりスキーは朝がゆっくりなので気が楽だ。2月6日(火)曇り時々雪。今日もあまり天気が良くないので自由滑走にする。IさんはKさん指導の下スケーティングなどを学んだようだ。Y.Sさんは一人残りあとの4名は午前中のみの滑走で帰路に就いた。Y.Sさんにはコース案内をして頂きありおうございました。

No.3,812 本仁田山  <B>

パーティー:女性3名/男性2名 合計5名

2月2日(金)奥多摩駅の空は雲に覆われ、気温は6度、少しだけ冷気を感じたが、風がなく、歩き出すとすぐに体が温ってきた。しばらく退屈な車道を歩いていくと安寺沢に出た。ここから5分後、登山道脇道にある乳房観音に立ち寄りお参りした。観音堂横の木にはこの名前の由来である突起物が幹から垂れ下がっていた。登山道にもどり、つづら折りの急勾配を登り始め、いい加減疲れた頃大休場に到着した。ここで小休止し、息を整えた。ここから先も急登は続くが、勾配はやや緩くなったように感じた。やがて花折戸尾根分岐に到着し,その少し先に本仁田山の頂上があった。大休場から1時間15分かかった。あいにく、富士山は雲に隠れ、頂上からの眺めは良くなかったが、奥多摩山塊の中で急登の一つと言われている山道を登り切ったことに達成感を感じつつ昼食をとった。下りは花折戸尾根を使った。この頃になると雲はまばらになり、青空が広がってきた。急勾配を下り、登り返してチクマ山に到着。その先も急勾配を下り、鳩ノ巣駅近くになって,かつての左折点に到着した。現在でも、左折の先にある橋は朽ちていて通れないため、指導標の向きは直進になっていた。道を塞いでる丸太をまたぎ、先に進むと花折戸尾根登山口にでた。ここから10分弱歩くと鳩ノ巣駅に着いた。花折戸尾根の露岩帯やザレ道、代わる代わる現われるブナや杉や常緑低木,そし北関東方面の眺めはこの尾根の特長である。バリエーションにしておくにはもったいないくらいに感じた。

山行5:40、休憩0:50、合計6:30距離 8.2 km、歩くペース 標準時間の1.1倍

奥多摩駅8:15歩き出し-9:10安寺沢-9:20乳房観音-10:10大休場-11:20花折戸尾根分岐-11:25本仁田山(昼食)12:05-12:10花折戸尾根分岐-12:45チクマ山-13:00ゴンザス尾根分岐-14:35花折戸尾根登山口-14:45鳩ノ巣駅

尾瀬(尾瀬ヶ原~アヤメ平の周回)  <B>

No.3,836
2024/5/31

5 月31日(金)尾瀬戸倉 鳩待峠行バス停付近10:40集合(JR新幹線あさま6:58上野発=高崎駅7:43着 上越線水上行8:25発=沼田9:13着 関越交通大清水行バス9:20発 =尾瀬戸倉着10:38)(又は関越バス尾瀬号新宿発 尾瀬戸倉着 (注)2024年度は未発表)

尾瀬戸倉=乗り合いタクシー又はバス20分鳩待峠 歩き出し-60分山の鼻-45分牛首分岐-50分 ヨッピ吊橋-20分東電小屋-20分東電分岐-15分弥四郎小屋(泊) 

歩程:3時間30分+60分=4時間

6月1日(土)7:30弥四郎小屋-30分竜宮十字路-(長沢新道経由)100分土場-60分アヤメ平 -40分横田代 -60分鳩待峠

歩程:4時間50分+1時間40分・・6時間30分

地図:昭文社「尾瀬」

費用:約29,000円(上野駅起点での電車、バス、宿泊代(11千円2食+個室代、現金のみ)沼田経由新幹線利用の場合。翌日のお弁当(千円)を注文する場合は宿到着時に。

申し込み:4月30日(火)までにメール又はショートメールでリーダーへ。

備考:・初夏の尾瀬の尾瀬ヶ原地区からアヤメ平地区を周回します。今年は雪が少なく、暖冬傾向で、水芭蕉など初夏の高山植物の開花・見頃が、例年より早まることが予想されています。アヤメ平は、尾瀬ヶ原よりも500m以上高所にあり、かつては天上の楽園といわれた湿原で眺望にも優れています。

・宿泊予定の弥四郎小屋は、男女別の個室を予定しています。また、入浴できます。

・宿泊小屋予約の関係等から、参加人数を制限する場合があります。参加を希望される方は、早めの申し込みをお願いします。

・集合場所の尾瀬戸倉までは各自で切符の手配をしてください。なお、関越交通バス尾瀬号の2024年度の時刻表は2月未現在では未発表です。バス時刻表後に集合時間を変更する場合がありますので留意して下さい(参考:2023年度パスタ尾瀬号は、新宿6:35発尾瀬戸倉着10:30でした)

荒幡富⼠〜⼋国⼭〜菖蒲園〜正福寺(ウォーキング)

No.3,838
2024/6/13

6 ⽉13 ⽇(⽊)下⼭⼝駅9:30 集合(池袋8:47=9:17 ⻄所沢9:25=9:28 下⼭
⼝)


歩程:3 時間30 分+1 時間30 分・・・5 時間


費⽤:約1,000 円


備考:今回は私の住んでいる東村⼭の菖蒲園と東京都で唯⼀の国宝“正福寺”をご案内し
新⽥義貞ゆかりの⼋国⼭を散策したいと思います。ついでに所沢市の荒幡富⼠にも登ります。
(スニーカーでよいです)

⽻賀場はかば⼭ <B>

No.3,840
2024/6/22

6 ⽉22 ⽇(⼟)東武線新⿅沼駅8:55 集合(浅草7:30 発リバティきぬ105 号(⻤怒
川温泉⾏)=8:55 新⿅沼9:00(古峰原⾏バス)=9:35 天王橋
9:40 歩き出し−⻑安寺−送電鉄塔(217 号)−送電鉄塔(268 号)−⽻賀場⼭−777m
p−お天気⼭−⼀ノ宮−上⼤久保バス停


歩程:4 時間40 分+1 時間30 分・・・6 時間10 分

地図:2.5 万図“⽂挟”

費⽤:約4500 円(浅草−新⿅沼2680*2、バス300)

申し込み:6 ⽉20 ⽇(⽊)までにショートメールで

⼋ヶ岳のメインコース ⾚岳・阿弥陀岳 <B>

No.3,841
2024/6/28

6⽉28 ⽇(⾦)9:15 茅野駅⻄⼝4番バスのりば集合(新宿7:00 発あずさ1号松本
⾏=茅野9:08 着)茅野駅前9:20 発バス美濃⼾⼝⾏=9:58 美濃⼾⼝
10:10 歩き出し―美濃⼾⼭荘―堰堤広場(昼⾷)―⾚岳鉱泉 090-4824-9986(泊)
歩程:3時間+1時間・・・・・4時間


6⽉29 ⽇(⼟)7:00 ⾚岳鉱泉出発―⾚岩の頭―硫⻩岳(2760m)―横岳奥の院―三
⼜峰―⾚岳天望荘 0266-74-2728(泊)
歩程:4時間05 分+1時間・・・・・5時間05 分

6⽉30 ⽇(⽇)5:00 ⾚岳天望荘出発―⾚岳頂上(2899m)―中岳―阿弥陀岳(2805m)
3
―⾏者⼩屋―美濃⼾⼭荘―美濃⼾⼝バス停(15:15 発―茅野駅15:53 着)

歩程:5時間30 分+2時間・・・・・7時間30 分

地図:昭⽂社“⼋ヶ岳”

費⽤:電⾞(新宿往復特急)11,300、宿泊代13,000×2泊、弁当代1,000×2、バス代
1,500×2=42,300 円

申し込み:6⽉10 ⽇(⽉)までにメールまたはショートメー
ルでリーダーへ

都内花菖蒲巡りの歩き(ウォーキング)

No.3,842
2024/6/8

都内花菖蒲巡りの歩き。都内有名庭園の花菖蒲を見ながら歩く計画です。

68日(土)9:30山手線原宿駅集合 歩き出し9:40-代々木公園菖蒲園-代々木駅-(電車)-飯田橋駅-小石川庭園-皇居東御苑-(電車)-清澄白河駅-清澄庭園-清澄白河駅

歩程:約5時間

費用:2,000円

申し込み:Eメール または  ショートメールで

房総の山 鋸山 <C>

No.3,843
2024/7/6

7月6日(土)浜金谷駅9:20集合(千葉発7:45=8:58上総湊9:00=9:10浜金谷)

歩き出し9:30-車力道-分岐-展望台-鋸山山頂-日本寺北口(拝観料700円)-寺境内拝観-浜金谷駅

歩程約4時間+1時間・・・約5時間

帰路:浜金谷発16:01=16:29君津16:35(逗子行)=17:19千葉着 

地図:2.5万図 “保田”

費用:約4,000円(千葉起点)

申し込み:7月3日までに、ショートメール で

巻機山 <B>

No.3,844
2024/7/15

715日(月・祝)六日町駅8:45集合(東京7:04発とき303新潟行=8:10越後湯沢8:20=8:37六日町駅) 六日町からタクシーで清水バス停(30分)

歩き出し9:20-駐車場-五合目-七合目物見平-避難小屋-巻機山(1,967m)-避難小屋(泊)(各自寝袋、食料持参)

歩程:6時間40分+1時間30分・・・8時間10分

716日(火)6:00避難小屋発-巻機山-避難小屋-七合目物見平-五合目-駐車場-清水バス停 バス13:45=六日町 六日町駅-電車=越後湯沢=(新幹線)東京駅

歩程:5時間+1時間30分・・・6時間30分

地図:山と高原地図 “越後三山”

申し込み:Eメール または  ショートメールで

費用:約16,000円(東京-六日町7,000円×2、タクシー1,000円×2(3名乗車の場合))

備考:寝袋、食料持参。7月15、16日が悪天候の場合は7月20日までのどこかで行きます。その場合は三日前までに申込者にその旨を連絡します。

雪渓から白馬岳へ  <B>

No.3,845
2024/7/19

7月19日(金)11:50白馬駅集合(新宿8:00発あずさ5号南小谷行=白馬11:42着) 白馬駅前12:00発バス猿倉行=12:27猿倉 

歩き出し12:40-白馬尻小屋14:00着(泊)(1泊2食10,300円、0261-72-2002)

歩程:1時間+20分・・・1時間20分

7月20日(土)6:00白馬尻小屋出発-岩室跡-白馬岳頂上宿舎-白馬山荘(泊)(1泊2食13,500円+弁当1,200、0261-72-3000)

歩程:4時間50分+1時間30分・・・・・6時間20分

7月21日(日)5:00白馬山荘出発-白馬岳頂上(2,932m)-三国境-小蓮華山(2,766m)-白馬大池-天狗ノ庭、朝日雪倉展望-蓮華温泉(早く着いたら温泉入浴あり)

帰路:バス12:35発=平岩駅13:45着/14:00発 ※ =南小谷14:25/15:00発あずさ46号新宿行=立川18:39=新宿19:08着

※他の方法:平岩15:05発=糸魚川15:45/16:58発北陸新幹線はくたか570号東京行=大宮18:47=東京19:12着

歩程:5時間10分+1時間20分・・・・・6時間30分

地図:昭文社 “白馬岳”

費用:約45,000円(新宿往復特急16,100、宿泊代24,000、弁当代1,200×2、バス代2,500)

申し込み:7月9日(火)までにメールまたはショートメールでリーダーへ 

備考:6本爪アイゼンをお持ちください。