No.3,735 紅葉と富士山の越前岳<B>

パーティ-:女性4名/男性3名 計7名

10月15日(土)曇り時々晴。御殿場駅からバスで十里木へ。途中に富士サファリパークがあるため車が渋滞。バス停から10分ほど歩いて明るくなったため雨具をしまって駐車場から登る。一面すすきの草原が広がり、眼下にはゴルフ場や別荘が見え、広々とした富士山の裾野の風景が美しい。展望台を過ぎ樹林の中に入っていく。登山道には道筋がいくつもあり、歩きやすいところを選んで歩いていく。大きな段差や溝の中を歩いたり、変化に富んだ道だ。傾斜がなだらかになったところで枝越しに富士山が眺められるはずだが今日は雲が覆っていてお休み…。代わりにリンドウや白い菊の花(シロヨメナ)がいっぱい咲いていて楽しませてくれる。ちょっと広い広場が山頂でそこで昼食。ツツジやヒメシャラなどの低木帯の道は明るい。富士見台(50銭紙幣の富士山の撮影地)を通って富士見峠で右手へ下る。愛鷹山荘があり「以前お世話になったよ」と佐藤さんと瀬川さん。杉林の中を下り続け山神社に出る。ここから車道。バス時間を気にしながら少し急ぎ歩きになってしまった。「すべらないようにね」と言いながら無事バス停へ。“自然の人と自分と出会う”そんなひと時を楽しむ山旅でした。「紅葉にはちょっと早かったね」「またこ(う)よう!」 十里木バス停9:15-十里木高原登山口9:30-展望台10:00-馬の背10:39-越前岳頂上11:50~12:20(昼食)-富士見台13:00-鋸岳展望台13:30-富士見峠14:10-山神社14:40-登山口15:00-バス停15:09

No.3,733 日の出山  <C>

パーティー:女性5名
10月11日(火)天気が悪かったので晴予報を待って登りました。御嶽駅9:15着。御岳山ケーブル山上駅歩き出すと山上の木はうっすらと初もみじが見られ、久しぶりの太陽の光とすがすがしい山道を歩く。以前神戸さんが園児達を連れて下りて来てばったり会った事があった。そんな山行なので今日はのんびり楽しくおしゃべりをして途中鳥居の前で休みを入れて最後の登りで千振の花に出会った。リンドウ科「千回振り出してもまだ苦い」健胃薬として用いられていた。白い薄紫色の筋が入っていてとても可愛い花である。その後山頂に着き、早い昼食タイムを取りました。久々に展望も良く周囲の山並も良く見えました。下山は雨が続いていたので少しぬかるみもありましたが、ゆるやかな下山道をゆっくり下りました。咢掛岩で休みを取り、涼しかったのに湿度が高かったのか汗びっしょりかきました。
御岳山ケーブル山上駅10:20歩き出し-鳥居前11:25~55-昼休山上11:20~12:00-咢掛岩12:45~13:00-下山13:40-つるつる温泉バス停14:10 解散。

No.3,732 風吹大池  <C>

パーティー:女性6名

3日間天候に恵まれ、静かな風吹大池を充分楽しむことが出来ました。

10月1日(土)晴。糸魚川駅からバスで蓮華温泉へ。風呂も良し、食事も良しでゆっくりしました。露天風呂を楽しんだのは一人のみ。

糸魚川白馬岳登山バス(蓮華線)12:30=14:05蓮華温泉(泊)

 10月2日(日)晴。蓮華温泉からバスで風吹大池入口まで戻り、オオシラビソの樹林の急登を登ります。1時間ほどで急登は終わり、その後ゴゼンタチバナやシラタマの実が美しい笹目尾根のゆるやかな登降を繰り返します。途中の湿原は草紅葉が真っ盛り。ここでゆっくり昼食をとり風吹大池へ。小屋の外でしばらく休んだ後、風吹大池周辺の散策に出かけました。湖畔でおしゃべりの花が咲き、風吹大池を堪能しました。

8:10蓮華温泉=8:14風吹大池入口バス停8:25-9:30笹目尾根9:41-10:22 1886mピーク10:32-11:10昼食11:45-12:40風吹大池山荘 池周辺を散策

10月3日(月)曇。小屋から登り返し、千国揚尾根に入ります。緩やかな登降を繰り返し、天狗原が近くなるとちょっと急登。ほっとした天狗原の休憩時クロマメノキを賞味。甘さには欠けましたが、酸味に天然の味を堪能しました。天狗原中央部でゆっくり休んで岩だらけの道を急降下。もういやになった頃やっとロープウェイの駅に着きました。 7:10風吹大池-7:35笹目尾根と千国揚尾根の分岐7:40-9:30天狗原入口-10:52天狗原11:15-12:25ロープウェイ乗り場

No.3,731 乾徳山  <B>

パーティー:女性1名/男性2名 計3名

10月 1 日(土) 快晴。透き通った青空,無風,そして気温は20度を少し超えたところ。いつしか夏が過ぎ秋になった気配がただよっていた。最初の樹林帯の中では時折木々を抜ける風が心地よく感じられ,足元には真っ白なセンブリが所々咲いていた。1時間をこえ疲れが出てきた頃,突然目の前にススキに満ちた国師ヶ原が現れた。この草原には遮る木はなく,富士山,南アルプスが見渡せた。月見岩に登るとさらに見晴らしは良かった。続いて,岩場の多い樹林帯に入った。乾徳山のもう一つの醍醐味の始まりだ。カミソリ岩を横切り,程なくして現れたカミナリ岩の登りはスリル満点だ。見晴らしのきく岩場に出て昼食。頂上直下のオオトリ岩では,迂回路と鎖を使った登攀をそれぞれが楽しんだ。巨岩が累々する頂上で一休みし,360度の展望を楽しんだ。水のタルを経由する下りの迂回路下山道はガレ場の急斜面。ここを慎重に降り,ほどなくして高原ヒュッテのある国師ヶ原十字路に到着。さらに歩き登山口に引き返した。予定時間通りの山行だった。天気が良い中で,森林,草原,岩場を楽しめた。お疲れ様でした。 大平高原歩き出し9:05-月見岩10:30(休憩15分)-乾徳山頂上12:00(休憩15分)-水のタル(休憩30分)12:30-国師ヶ原十字路14:30(休憩15分)-大平高原15:30

山梨百名山の高川山  <C>

No.3,752
2023/1/28

1月28日(土)初狩駅9:00集合。(高尾8:02甲府行=8:52初狩) -30分男坂・女坂登山口-25分沢コース登山口-50分高川山-50分田野倉下降点-40分稲荷神社-20分富士急行線田野倉駅

歩程:3時間35分+1時間・・・・・4時間35分

地図:2.5万図“大月、都留”、昭文社“大菩薩嶺”

費用:新宿から3,000円弱申し込み:1月27日(金)までにショートメールでリーダーへ

房総の伊予ヶ岳・富山  <B>

No.3,754
2023/2/4

2月4日(土)JR内房線岩井駅10:00集合=10:10発南房総市営バス天神郷行=10:26天神郷バス停-50分伊予ヶ岳南峰・北峰-35分谷集落分岐-1時間30分富山北峰-15分南峰-1時間25分岩井駅

歩程:4時間35分+1時間・・・・・5時間35分

地図:東金・保田

費用:東京から4,000円弱

申し込み:2月2日(木)までにショートメールでリーダーへ

青梅丘陵  <C>

No.3,755
2023/2/14

2月14日(火)軍畑駅9:15集合(立川8:21=9:10軍畑)9:15歩き出し(245m)-30分榎峠(385m)-40分雷電山(494m)-40分名郷峠(400m)-40分三方山(454m)(30分昼食)-15分40番鉄塔-50分矢倉台(383m)-20分宮ノ平駅 (224m)
 歩程:4時間00分+90分(昼食と時間調整)・・・・・5時間30分


地図:(1) スマホまたは PC から“青梅丘陵 ハイキング 日本山岳会”で検索または

 https://jac.or.jp/oyako/f17/a13TKY030s.html(2) “青梅丘陵 ハイキング 画像”で検索; (3)「日帰り山歩きベスト130関東周辺」 JTBパブリッシング・大人の遠足

費用:約800円 (JR立川駅起点)

申し込み:山行をご希望の方は2月12日(日)までにショートメールにてお申し込み下さい。

備考:初級ハイキングコース。通常,このコースには矢倉台から青梅駅までの道程が含まれていますが,今回の計画では宮ノ平駅に行きます。凍った山道を歩く可能性が高いため,靴の滑り止めを用意してください。時間調整には,スマホの情報交換も含まれています。

 柏木山~龍崖山~吾妻  <C>

No.3,756
2023/2/18

 2月18日(土)飯能駅北口バス停2番付近9:00集合(西武池袋線池袋駅発8:00 急行飯能行8:48着)=バス(国際興業バス西武飯能日高行9:12発)=永田大杉バス停下車9:20着 歩き出し-5分ドレミファ橋-15分茜台自然公園 -(南東尾根~シダの道経由)-1時間柏木山(昼食予定)-35分赤根ヶ峠-30分龍崖山登山口-25分燧山-15分龍崖山-20分軍太利神社(八耳堂)-5分吾妻渓谷入口-(吾妻峡経由)- 30分中平河原 - 10分大河原 -10分天覧山下バス停

歩程:4時間20分+1時間30分・・・・・5時間50分

地図:2.5万図「飯能」、昭文社「奥武蔵」

費用:約1,400円(池袋駅起点での電車、バス)

申し込み:2月16日(木)までにメール又はショートメールでリーダーへ。

備考:奥武蔵の飯能三山のうちの二座および吾妻峡を結んで歩きます。低山ですが、山頂からの展望がよく、地元から親しまれているよく整備された里山です。下山後は入間川沿いの吾妻峡を歩き、バス停へ向かいます。昼食は、コースの関係上少し早めの時間になる予定です。解散は天覧山バス停になります。

ルート地図を希望の方にメール又は当日配布します。必要な方は申し込みの際にお申し出ください。天候不良の場合は中止または延期になります。

ゲレンデスキー志賀高原(蔵王を志賀高原に変更)

No.3,758
2023/2/23

2月23日(木)長野駅改札口8:45集合(7:20東京発北陸新幹線かがやき503号金沢行、全指定=上野7:26=大宮7:46=8:42長野9:00(バス)=10:28一の瀬)。宿で支度後午後から滑走。宿「ホテルむつみ」(TEL0269-34-2706)1泊2食9,600円

2月24日(金)~25日(金)午前中滑走。午後岐路に着く。

費用:約40,000円+リフト代(東京-長野8340*2=16680円、バス2000*2=4000円、宿9600*2=19200)

申し込み:2月12日(日)までにTEL又はショートメールでLへ。

備考:スキー用具を送付する人の宛先 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町志賀高原一の瀬 高原リゾートホテルむつみ

三頭山  <B>

No.3,759
2023/3/5

3月5日(日)8:15奥多摩駅集合(立川6:52=7:29青梅7:32=8:14奥多摩)奥多摩発丹波行バス8:35=9:05深山橋 歩き出し-2時間ヌカザス山-1時間30分三頭山-55分都民の森-50分数馬バス停

歩程:5時間15分+1時間30分・・・・・6時間45分

費用:約3,000円

申し込み:3月3日(金)までにショートメール、メールで飯田まで。

備考:念の為軽アイゼンを持参ください。立川発7:15ホリデー快速おくたま1号=8:22奥多摩でもバスには間に合いますが、バスは混雑しますので早めにおいで下さい。