No.3,813 志賀高原スキー

パーテイー:女性2名/男性4名 計6名

2月4日(日)曇。昼食後滑降を始めるが、今回はスキーは何十年ぶりY.Sさん方が参加されたので他の4名の方にはK.Sさんにゲレンデの案内をお願いして、LはY.Sさんと共に宿の近くのゲレンデで滑降する。Y.Sさんは過去には競技用の板で滑るほどの足前(?)だったが現在のカービングスキーは初めてとかでかなり苦戦していました。15時半ころ宿の戻ると他の4名は焼額の方まで行ってきたとか・・・夕食後は楽しく全員で歓談する。初参加のKさんの話が弾み、ほぼ独壇場でした。

2月5日(月)雪。朝から雪が降っていたが視界は悪くないのでY.Sさん(写真を撮ったりの別行動)を除く5名で9時半ころから焼額、奥志賀と降雪のの中、大いに楽しんだが雪はほぼ一日中降り続きランチタイムが長くなった。夜は昨夜同様話に花が咲き、またまたKさんの歌と踊りで盛り上がった。登山と異なりスキーは朝がゆっくりなので気が楽だ。2月6日(火)曇り時々雪。今日もあまり天気が良くないので自由滑走にする。IさんはKさん指導の下スケーティングなどを学んだようだ。Y.Sさんは一人残りあとの4名は午前中のみの滑走で帰路に就いた。Y.Sさんにはコース案内をして頂きありおうございました。

No.3,812 本仁田山  <B>

パーティー:女性3名/男性2名 合計5名

2月2日(金)奥多摩駅の空は雲に覆われ、気温は6度、少しだけ冷気を感じたが、風がなく、歩き出すとすぐに体が温ってきた。しばらく退屈な車道を歩いていくと安寺沢に出た。ここから5分後、登山道脇道にある乳房観音に立ち寄りお参りした。観音堂横の木にはこの名前の由来である突起物が幹から垂れ下がっていた。登山道にもどり、つづら折りの急勾配を登り始め、いい加減疲れた頃大休場に到着した。ここで小休止し、息を整えた。ここから先も急登は続くが、勾配はやや緩くなったように感じた。やがて花折戸尾根分岐に到着し,その少し先に本仁田山の頂上があった。大休場から1時間15分かかった。あいにく、富士山は雲に隠れ、頂上からの眺めは良くなかったが、奥多摩山塊の中で急登の一つと言われている山道を登り切ったことに達成感を感じつつ昼食をとった。下りは花折戸尾根を使った。この頃になると雲はまばらになり、青空が広がってきた。急勾配を下り、登り返してチクマ山に到着。その先も急勾配を下り、鳩ノ巣駅近くになって,かつての左折点に到着した。現在でも、左折の先にある橋は朽ちていて通れないため、指導標の向きは直進になっていた。道を塞いでる丸太をまたぎ、先に進むと花折戸尾根登山口にでた。ここから10分弱歩くと鳩ノ巣駅に着いた。花折戸尾根の露岩帯やザレ道、代わる代わる現われるブナや杉や常緑低木,そし北関東方面の眺めはこの尾根の特長である。バリエーションにしておくにはもったいないくらいに感じた。

山行5:40、休憩0:50、合計6:30距離 8.2 km、歩くペース 標準時間の1.1倍

奥多摩駅8:15歩き出し-9:10安寺沢-9:20乳房観音-10:10大休場-11:20花折戸尾根分岐-11:25本仁田山(昼食)12:05-12:10花折戸尾根分岐-12:45チクマ山-13:00ゴンザス尾根分岐-14:35花折戸尾根登山口-14:45鳩ノ巣駅

総会と総会山行

No.3,827
2024/4/14

4月14日(日)

会場:清河園蜻蛉亭(飯能市名栗川河畔にあり飯能駅から徒歩約8分、042-973-2311)
A,Bコースを歩いた後、会場:清河園蜻蛉亭で総会を行います。日頃山行でお目にかかることが少ない方、新しく入会された方等々ぜひご参加をお待ちします。


Aコース: 天覧山・多峯主山  
 4月14日(日)飯能駅8:30集合(池袋7:35=8:24飯能着)=8:42発国際興業バス飯能日高行バス= 8 :47着、天覧山下バス停
 8:50 歩き出し-20分天覧山-20分配水場分岐-15分見返坂分岐-15分多峯主山-15分見返坂分岐-5分武蔵台分岐-30分登山口-飯能河原経由-20分清河園 蜻蛉亭(総会会場)
歩程:2時間20分+休憩等40分=3時間00分
地図:2.5分の1地形図「飯能」、「奥武蔵」登山詳細図

Bコース:龍崖山コース   
4月14日(日)飯能駅8:20集合(池袋7:20=8:16飯能)国際興業バス名郷行8:30=8:41永田大杉バス停
8:50歩き出し-5分ドレミファ橋-10分軍太利神社入口-30分龍崖山-30分龍崖山登山口-20分大河原-15分割岩橋-5分清河園 蜻蛉亭(総会会場)
歩程:1時間55分 + 40分・・・・・2時間35分
(11時25分頃到着)
地図:2.5万図“飯能”、昭文社“奥武蔵・秩父”
備考:国際興業バス名郷行は西武池袋線・飯能駅を8:30分に発車し、3分後の8:33分にJR東飯能駅に到着します。待合場所はJR東飯能駅ですが、飯能駅から乗車される参加者は事前にリーダーへ連絡ください。


Cコース:会場直行 池袋10:40=10:47練馬10:48=11:24飯能(490円)
総会:12:20~13:00議題 1)2023年度の活動報告
              2)2023年度会計報告及び会計監査報告、2024年度予算提案
              3)細則等の改定について
              4)2024年度役員人事
              5)その他
懇親会:13:00~15:00
地図:http://www.seikaen-tonbotei.jp/


費用:交通費(約1,000円池袋起点) 懇親会費自己負担3.000円
申し込み:4月4日(木)までに各コースのリーダに、いずれかにA,B,Cコースを決めて申し込んでください。
 

佐倉の谷戸ウォーキング

No.3,828
2024/4/20

 印旛沼近くの自生のクマガイソウや春の野草に会いに行きます。そのあと印旛沼周りを歩き、一面チューリップが咲くふるさと広場を訪れます。

 4月20日(土)9:30京成本線ユーカリが丘駅改札口-30分畔田谷戸入り口-2時間散策-2時間ふるさと広場(1時間自由時間)-30分京成臼井駅まで歩くかあるいはバスで京成佐倉駅に向かいます。

 歩程:5時間+1時間30分・・・・・6時間30分

 地図:2.5万図“佐倉”

 費用:1,500円

 申し込み:4月18日(木)までにショートメールでリーダーまで申し込んで下さい。

 備考:当日の天候が悪いときは4月21日(日)に順延します。

子持山  <B>

No.3,829
2024/4/21

4月21日(日)東京6:30(上野東京ライン小金井行)=6:46赤羽6:50(高崎行)=8:31高崎8:53(吾妻線大前行)=9:19渋川(新幹線利用の方、東京7:52=8:42高崎8:53=9:19渋川) 渋川駅=(タクシー約30分)子持神社 9:50歩き出し-40分登山口-5分屛風岩-35分鞍部-15分大黒岩-35分柳ガ峰-20分子持山-20分わらび荘分岐-30分小峰-1時間寺尾バス停

歩程:4時間20分+1時間30分・・・・・5時間50分 15:40寺尾バス停に着く。タクシーで沼田駅へ。沼田16:10=16:56高崎16:59=18:54東京、又は沼田17:04=17:50高崎17:59=20:01東京

地図:2.5万図“鯉沢、沼田、上野中山”、昭文社“赤城・皇海・筑波”

費用:約10,000円(ジパングの方は7,000円)(東京-渋川2310、沼田-東京2640、ジパングでは沼田往復3700、タクシー3000)

申し込み:4月17日(水)までにショートメールでリーダーまで。

花の坪山のバリエーションルート  <B>

No.3,830
2024/4/25

4月25日(木)上野原駅前バス停8:45集合(新宿7:02=8:25上野原)富士急バス8:50=9:42御岳神社バス停下車 歩き出し(570m)-東ルート-2時間坪山(1103m)-1時間30分西原峠-1時間20分小寺バス停=(バス)31分猿橋駅

歩程:4時間50分+90分(昼食と休憩)・・・・・6時間20分


地図:“坪山”で検索しても登りルートのみで、下りのコースはヒットしません。コースの詳細についてはお問い合わせください。

費用:3,200円(新宿駅起点)

申し込み:山行をご希望の方は4月23日(火)までにお申し込み下さい)。


備考:花の坪山をバリエーションルートで登り下りするコースです。登りは急勾配のある東ルートを通ります。下りは最初に急勾配があります。昨年7月の山行では西ルートを含む一般ルートを通り、びりゅう館に下りました。

今倉山~赤岩~道志二十六夜山  <B>

No.3,831
2024/4/29

4 月29日(月・祝日)都留市駅バス停乗り場付近8:45集合(JR中央線高尾駅発河口湖行7:24分発=8:35富士急行線都留市駅着)9:15発道坂隧道行バス乗車【注】=9:45道坂隧道バス停着 9:50道坂隧道バス停歩き出し-15分道坂峠-60分今倉山-30分西ヶ原-15分赤岩-45分林どうさか道出会い-15分二十六夜山-45分仙人水-35分林道出会い-5分車道出会い-5分芭蕉月待ちの湯バス停(=バス又はタクシー)

歩程:4時間30分+1時間30分・・・・・6時間00分

地図:昭文社「高尾・陣馬」、吉備人出版“丹沢西端・西道志”登山詳細図

費用:約3,000円(高尾駅起点での電車、バス)

申し込み:4月25日(水)までにメール又はショートメールでリーダーへ。

備考:・昨年、天候不良により中止したルートです。

・道志山塊の2山を結んで、新緑の尾根を縦走します。縦走途中の赤岩からの展望の良さはこの山域随一と言われ、新緑と樹相の美しさも評価の高いルートです。また、二十六山は新・花の日本百名山に選定されています。

・【注】1月末時点では当日のバス発車時刻が未定のため、今後バスの発車時刻が変更になったときは、集合時間もあわせて変更になります。その場合、変更後の集合時間とバスの発車時間は、会報並びにホームページのお知らせ欄に記載します。

・参加人数と配車の可否によっては、集合後にタクシーで登山口へ向かいます(申し込み期限を少し早めました)。

・天候不良の場合は中止または延期になります。

矢倉岳 <B>

No.3,832
2024/5/11

5月11日(土)9:20矢倉沢バス停集合(新宿6:50新宿発小田原行急行=8:16新松田=8:45発地蔵堂行き箱根登山バス=9:15矢倉沢バス停) 

9:25歩き出し-2時間20分矢倉岳-15分山伏平-1時間足柄万葉公園-1時間地蔵堂バス停=新松田駅へ

歩程:4時間35分+1時間・・・5時間35分

地図:昭文社 箱根

費用:約3,000円(新宿駅起点)                                                                                                                            

申し込み:5月9日(木)までにショートメールでリーダーへ 

備考:1月に中止した矢倉岳の再計画です。

新緑の武甲山 <B>

No.3,833
2024/5/15

5月15日(水)横瀬8:45集合(JR埼京線新宿6:36=6:41池袋, 西部池袋線池袋6:52=7:47飯能7:53=8:38横瀬) タクシー (15分)で生川登山口(一の鳥居)へ

 歩き出し9:10-30分登山道入口-1時間10分大杉の広場-1時間20分武甲山-40分シラジクボ-1時間30分生川登山口-タクシーで横瀬へ

歩程:5時間10 分+1 時間30 分・・・・・6時間40分

地図:吉備人出版 “奥武蔵”

費用:新宿〜横瀬往復1,900 円, タクシー/台 往復7,000円

申し込み:5月12日(日)までにリーダへ

備考:標高1304mの武甲山は埼玉県秩父市と横瀬町にまたがる独立峰で,日本二百名山、および花の百名山に選定されています。

子の権現から竹寺へ  <C>

No.3,834
2024/5/18

新緑のこの季節足元にはシャガの白い花やヤマブキの黄色い花、足腰の神様として有名な子の権現に参拝し、竹林に囲まれた竹寺では満開のツツジの花に出会えるかも・・

5月18日(土)西武新宿線西吾野駅9:00集合(7:35西武池袋=飯能乗り換え8:52西吾野)

9:10歩き出し-1時間30分 子ノ権現-40分豆口峠-40分竹寺-50分小殿バス停

歩程:3時間40分+1時間30分・・・5時間40分

地図:昭文社“奥武蔵・秩父”

費用:約1,800円(池袋起点)申し込み:5月16日(木)までにショートメール又は電話でリーダーへ。