山行計画   山行記録  トップページ

No.3,652 小金沢連嶺南部(大蔵高丸~ハマイバ丸~ )  <B>
パ-ティ-:女性8名/男性5名 計13名

9月11日(土)曇り一時小雨のち晴れ。予報では不安定さは残るものの、回復傾
向にあることから山行を実施。8時50分に甲斐大和駅(632m)に集合、コロナ感
染防止の再確認をしたのち、手配のジャンボタクシー2台に分乗、40分ほどで湯
の沢峠(1656m)へ。峠に到着した時には小雨がぱらついていた。
雨具を着るほどではなかったが雨支度して、大蔵高丸に向かう。秋の気配が満ち
る静かな草原上の道から、鹿の防御柵をくぐり、お花畑を歩くこと間もなく、秀
麗富嶽十二景の大蔵高山(1781m)。雨は止んでいたものの、残念ながら雲が多
く展望は望めなかったが、ハマイバ丸へ向かう途中のお花畑で日差しが出てきた。
お花畑にはマツムシソウ、コウリンカ、ウメバチソウ、タムラソウ等々数々の秋
の花々が所狭しに咲き、皆足を止めながら歩き、写真を撮るなどして堪能した。
鹿の防御柵の外には花はなく、鹿の食害の大きさを改めて実感した。他の登山者
とは出会うこともなく、苔むした広葉樹林の尾根道を歩き、ハマイバ丸(1752m
ここも富嶽12景の一つだが展望できず)へ到着、昼食をすませたのち、天下石
(1592m)へ向かう。小さなアップダウンを繰り返すが、尾根を吹き抜ける秋風
が心地よい。途中にある、滑りやすく両側がバラの木で掴るところがない長く急
な下り坂は、声をかけあいながら慎重に下った。天下石から米背負峠(1544m)
へ歩き、一休み。ここからは大谷ヶ丸へは今回唯一の登りらしい登りで、ひと汗
かいた頃大谷ヶ丸(1643m)に到着。水分補給ののち、広い尾根の薄い踏み跡を
たどり、4座目のコンドウ丸(1388m)に到着。こから曲り沢峠(1261m)、景徳
院分岐(1203m)を経て、標高を下げるに従い蒸し暑さを感じ、長い尾根歩きの
疲れを感じたころ景徳院バス停(711m)に到着、談笑間もなく16時22分発甲斐大
和駅行のバスが到着し、帰途へ。

湯の沢峠歩き出し9:50-10:25大蔵高丸-11:10ハマイバ丸(昼食)-
12:20天下石-12:40米背負峠-13:10大谷ヶ丸-14:15コンドウ丸-14:30
曲り沢峠-14:45 1203m分岐地点-16:10景徳院バス停      (檜垣 記)



大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~

大蔵高丸~ハマイバ丸~


No. 3,652 小金沢連嶺南部(大蔵高丸~ハマイバ丸~)  <B>   L 檜垣康夫
タクシーで湯の沢峠(1650m)まで行き、小金沢連嶺南部の湯の沢峠お花畑~大蔵高丸山、
ハマイバ丸等気持ちの良い稜線を縦走します。

集合:9月11 日(土)甲斐大和駅改札出口付近8:50集合

交通:JR東京駅06:20発(快速高尾行)=新宿6:35=立川7:13=7:31高尾着
   京王線新宿駅6:47発(特急京王八王子行)=7:09着分倍河原=7:22着
   北野7:23(高尾山口行)=7:33高尾着
   
   (高尾駅7:39 発(中央本線甲府行) = 8:42 甲斐大和駅着)=(タクシー約40分)湯の沢峠

ルート:湯の沢峠9:40-(35分)大蔵高丸-(30分)ハマイバ丸-(30分)天下石-
    (15分)米背負峠-(20分)大谷ヶ丸-(40分)コンドウ丸-(15分)曲り沢峠-
    (10分)1,203m地点-(70分)景徳院713m地点-(バス8分又徒歩30分甲斐大和駅)

歩程:4時間25分(又は4時間55分)+1時間20分・・・・・5時間45分 (又は6時間15分)
地図:昭文社“大菩薩嶺” 2.5万図” 大菩薩峠””笹子”
費用:約3,500円(高尾駅起点電車、タクシー)
申し込み:9月8日(水)までにショートメール又は電話でリーダーへ。
(注)状況によりタクシーの配車可能台数が限られるため、参加申し込みの期限を少し早めました。

備考:※行きは甲斐大和駅からタクシーを利用します。下山の景徳院から甲斐大和駅までは
時間帯によりバス又は徒歩(30分)になります。
※天候不良等により中止の場合は、前日午前中に申込みのあった各人宛に連絡します。



参考:広域図