T.T.C. 会 報  2022年10月号

≪ 10 月 の 山 行 計 画  ≫

No,3731 乾徳山  <B>            L 小林雄一

10月1日(土)8:30塩山駅北口集合(高尾駅7:06=8:14塩山駅)タクシー=9:00大平高原(1400m)-45分大平高原分岐 (標高1300m)-50分月見岩 (1740m)-1時間10分乾徳山 (2031m)-1時間月見岩-30分国師ヶ原-15分大平高原分岐-30分大平高原-30分塩山駅北口
歩程:5時間00分+1時間30分・・・・・6時間30分
地図:PCまたはケータイから「乾徳山」で検索し,ヤマケイオンラインを選択する。下方スクロールして「大きい地図で確認する」または「コースタイム付き地図で見る」。昭文社“金峰山・甲武信 (山と高原地図 27)”
費用:約5,400円 (高尾駅からの運賃+タクシー(4人乗りの場合)
申し込み:山行をご希望の方は9月29日(木)までにショートメールにてお申し込み下さい。
備考:奥秩父の山域にあるこの山は標高2,031m。乾徳山登山口から登るコースが一般的だが,タクシーで行けるところまで行き,乾徳山・山行を存分に味わえる計画にした。高度を上げるにつれて森林,草原,岩場とコースの雰囲気がガラッと変わる点が面白い。山頂付近では,高度感のある景色の中で鎖場の登りを体験でき,スリル満点だ。乾徳山頂上からは富士山,南アルプス,奥秩父の山々が遠望できる。初秋のなだらかな草原を駆け抜ける風が心地よい。ルート長7.8km, 標高差 730m

No.3,732  風吹大池  <C>          L 瀬川仁子

静かな紅葉の池を訪ねます

 10月1日(土)7 :52東京はくたか553号金沢行=10:10 糸魚川白馬岳登山バス(蓮華線)10:20=11:55蓮華温泉(泊)1泊2食 12,000円  
10月2日(日)8:10蓮華温泉=8:14風吹大池入口-3時間30分風吹大池(泊)TEL:080-5340-7635 1泊2食 9,000円 池周辺を散策
歩程:3時間30分+1時間30分・・・・・5時間
10月3日(月)風吹大池-4時間栂池自然園 ロープウェイとゴンドラを乗り継いで栂池高原へ 15:40栂池高原=15:49白馬大池駅16:00=16:10南小谷16:23=17:20糸魚川17:41はくたか572号東京行き=20:00東京
歩程:4時間+2時間・・・・・6時間
地図:昭文社“白馬岳”
費用:41,000円(ジパング利用・東京起点)
申し込み:9月20日までに。メールかSMでお願いします。
備考:荒天の場合は1日ずらしますが、2日目の歩きが30分ばかり加算されます。なお、はくたか553号に間に合わない方は糸魚川駅発13:55のバスで蓮華温泉においでください。その場合は申し込み時にリ-ダーにお伝えください。

No.3733 日の出山  <C>          L 菊地玉記

10月3日(月)御嶽駅8:20集合(立川発7:16)=バス、ケーブルで御岳山ケーブル上駅 9:00歩き出し-25分神代ケヤキ-20分四差路-25分日の出山-15分道標-1時間30分つるつる温泉駅バス停
歩程:2時間55分+1時間35分・・・・・4時間30分
地図:昭文社“奥多摩”
費用:約2,000円
申し込み:10月1日(土)までにCメール又は電話で。

No.3,734 大白森山、小白森山  <B>     L 飯田隆一

10月8日(土)新白河駅12:40集合(東京11:08発東北新幹線なすの257号郡山行=12:33新白河)新白河駅13:00発バス=14:30二岐温泉 ふじや泊(1泊2食11,500円、TEL0248-84-2104
10月9日(日)7:00歩き出し-10分小白森山登山口-30分尾根-40分蟻ノ戸渡り-1時間小白森山-30分一杯山-1時間大白森山-30分甲子峠-30分甲子山分岐-1時間20分甲子温泉-1時間20分甲子温泉バス停
歩程:7時間10分+1時間50分・・・・・9時間
地図:2.5万図“湯野上、甲子山” 昭文社“那須・塩原”
費用:約27,000円(東京-新白河6790*2=13580、宿13000)
申し込み:10月1日(土)までにメールかショートメールでリーダーへ。
備考:山行予告で志津倉山と蒲生岳と書きましたが、交通機関との関係で変更しました。

No.3,735 紅葉と富士山の越前岳  <B>    L 飯島正子

10月15日(土)御殿場駅8:20集合(東京駅東海道線国府津乗換御殿場線または新宿駅小田急線新松田乗換御殿場線)8:30十里木行き富士急行バス=9:15十里木バス停 9:20歩き出し-10分十里木高原-45分笹峰-1時間20分越前岳-20分富士見台-25分鋸岳展望台-25分愛鷹山荘-35分山神社-20分愛鷹山登山口バス停=御殿場駅へ
 歩程:4時間20分+1時間・・・・・5時間20分
 地図:昭文社 富士山
 費用:約6,000円(東京駅から)
   申し込み:10月13日(木)までにショートメールでリーダーへ。

No.3,736 御前山  <B>           L 村田秀也

10月23日(日)武蔵五日市駅 7:35分集合 7:39発のバスに乗ります
藤倉-(陣馬尾根経由)-小河内峠-御前山-(湯久保尾根)-宮ヶ谷戸バス停
歩程:5時間+1時間30分・・・・・6時間30分
地図:昭文社“奥多摩”
費用:新宿基点往復3180円
申し込み:10/21(金)午後九時までにショートメールかメールで。
備考:立川駅6:57発 武蔵五日市駅7:34着 電車からバス停まで普通に間に合いますが、時間が短いためご注意ください。

No.3,737 安戸山、富士山(塩原自然研究路) <C> L 佐藤ツヤ子

紅葉と秘湯の湯宿を楽しみに・・

10月27日(木)8:15西那須野駅集合(6:40東京やまびこ203号仙台行=7:05大宮=7:49那須塩原8:03=8:08西那須野が便利)タクシー約30分登山口 8:50歩き出し-1時間10分林道出合-60分安戸山-30分林道出合-60分登山口(タクシーで西那須野駅。14:48(バス)塩原温泉バスターミナル15:23(宿の車で宿へ)
宿:奥塩原温泉渓雲閣0287-32-2361
歩程:3時間40分+1時間20分・・・・・5時間
10月28日(金)宿歩き出し9:30-1時間10分富士山-30分大沼-1時間10分須巻富士分岐-15分小太郎ヶ渕-40分七ッ岩吊橋バス停
歩程:3時間35分+1時間25分・・・・・5時間
地図:昭文社“那須・塩原”
費用:ジパング利用で宿泊代共約25,000円
申し込み:10月15日(土)までにショートメール又は電話にてリーダーへ。
備考:“日本秘湯を守る会”の宿に泊まるので会員手帳を持っている方は持参して下さい。紅葉の時期、共同浴場を巡りのんびり“山の幸”を楽しみましょう。勿論登山も楽しみましょう。

No.3,738  牛ノ寝通り~小菅の湯  <B>    L 檜垣康夫

10月29日(土) 甲斐大和駅8:05集合。(中央本線高尾駅発7:06甲府行=甲斐大和駅8:03着)タクシー=歩き出し小屋平8:40 -1時間10分石丸峠-1時間10分榧ノ尾山-15分ショナメ-15分棚倉小屋跡(オオダワ)-20分1243m地点-25分モロクボ平-20分898m地点-35分小菅の湯歩程:5時間15分+1時間30分・・・・・6時間45分
地図:昭文社“大菩薩嶺”
費用:約3,500 円(高尾駅起点、タクシー、バス)
申し込み:10月25日(火)までにメール又はショートメールでリーダーへ。
  ※タクシー配車可能台数が限られるため、参加申し込みの期限を早めました。
備考:大菩薩嶺の東に延びる紅葉の名所の牛の寝通り(尾根)を歩きます。赤黄に染まった静かな尾根歩きを楽しめます。
・行きは甲斐大和駅からタクシーを利用します。
・帰りは小菅の湯からバス(上野原駅行15:48発)を予定しています。(最終便は奥多摩駅行17:35発)
・天候不良の場合は中止になります。

≪ 7 月 の 山 行 報 告 ≫

No.3,719 日本百名山金峰山   <B>

パーティー:女性6名/男性2名 計8名

7月2日(土)晴のち雨。晴の予報が外れたケース。標高差:登り580m、下り580 m。塩山駅で集合。快晴。ジャンボタクシーに乗り1時間30分で標高2365 mの大弛峠到着。朝日峠を過ぎた頃から,暗雲が広がり,ポツリと雨が降りはじめた。それでも行程の中程にある朝日岳まで足を進めた。降ったり止んだりした中,遠くに金峰山のシンボル「五丈石」が見えた。しかし,雨が降り出し,協議し,戻ることにした。帰り道,雨は一層強くなった。当然かもしれないが,参加者は全員雨具を持参しており,その慎重さ,判断力に山行経験の豊さを感じた。そして,塩山駅にもどり,解散。山の天気の怖さを体験した山行だった。お疲れ様でした。
大弛峠9:50-朝日岳11:30-大弛峠12:40           (小林 記)

No.3,720 富士山のハクサンシャクナゲを楽しむ <B> 

パーティー:女性2名

7月18日(月・祝)曇。高速バスが予定より早く富士山駅についたので、運よく馬返行きのバスに乗ることができました。曇空の下、しっとりした参拝路を順調に登っていきます、四合目を過ぎるとお目当てのハクサンシャクナゲが今が見頃と咲いていました。今年は裏年と半分あきらめていましたが、ラッキー!ハクサンシャクナゲは6月初旬に咲くアズマシャクナゲと違い、ほのかに淡いピンク色。薄暗い樹林の中に静かに咲いています。小屋にはずいぶん早く着きましたが、明日の御中道のシャクナゲを楽しみに1日目の行動を終えました。
10:00馬返し10:10-11:00二合目-11:45三合目-昼食(12:05~12:30)-12:50四合五勺-13:40佐藤小屋 
7月19日(月)曇時々小雨。夜半をから風が強くなり、2日目の行動は無理と判断して始発のバスでスバルライン5合目からやむなく下山しました。御中道のシャクナゲはきっときれいだったことでしょう。かえすがえすも残念でした。
6:20佐藤小屋-6:50スバルライン五合目バス停      (瀬川 記)

No.3,721 鹿島槍ヶ岳  <A>

雨天の予報のため中止しました。

No.3722 乗鞍岳  <C>

パーティー:女性5名

7月25日(月)曇。酷暑の東京を脱出して松本駅からバスで平湯温泉を経由し標高2700mの乗鞍岳の畳平へ着くと、そこは涼しい高原の別天地だった。初日はまず高地に体を慣らすべく、登らずにお花畑の木道を散策する。今はまさに高山植物満開の季節、50種類以上の花々が一斉に咲き誇る、天空の花園が見られるベストシーズンだ。またたく間にスマホが色とりどりの花の写真でいっぱいになる。夕食前に軽く宿の裏の魔王岳に登る。10分程度で登れる低い山だが、後でこの日にここで「親1,子2」のクマ目撃情報があったと知り肝を冷やす。低い山でもクマ鈴は必携である。宿は白雲荘、8人部屋に5人でのびのび宿泊だ。トイレは水洗で清潔、良い香りのヒノキ風呂、食事は飛騨牛と、クラブメッド顔負けのリゾート山行、いや山行というよりは花見ツアーである。夜は冷え込むので石油ストーブを焚いてくれた。
畳平13:40-お花畑散策15:30宿
7月26日(火)晴。朝4:00、ご来光を見に大黒岳へ向かう。山頂には休憩所があるので冷たい風をよけられるのがありがたい。眼下に広がる雲海が、朝の海のように青く静まりかえっている。突然、青い海が広大な緑の大草原に姿を変え、一筋の光の柱が雲海から天を貫く。あふれ出す陽光に、山々が赤く染められていく。乗鞍のご来光は、日が出る前がすばらしい。
7:00、主峰の剣が峰へ向かう。3026mだが、百名山で唯一2時間以内で登れる山だ。途中、富士見岳の迂回路に雪渓と権現池が現れる。北極かと見紛うような、水面に青く光る氷が浮かぶ。酷暑の夏に何という贅沢だろう。頂上までの道は緩やかだが、直射日光が照りつけると稜線も結構暑い。8合目の頂上小屋(創業大正6)でクマちゃんTシャツを買うと雷鳥の登頂証明をくれた。そして頂上。狭いので神社にお参りしてすぐ下山する。肩の小屋の外のテラスでランチをとっていると、小屋の人が「外は風が強いので中で食べてもいいですよ」と親切に声をかけてくれる。天気が崩れそうなので早めに下ることにした。途中の山肌はコマクサが満開だ。コマクサはお花畑には決して咲かない。石ばかりの乾いた土を艶やかなピンクでいろどる、まさに孤高の女王である。乗鞍の絶景と満開の高山植物を堪能して、この日の登山を終えた。
歩き出し7:00-7:40肩ノ小屋8:00-分岐8:50~9:00-剣ヶ峰頂上9:35~55-肩ノ小屋10:45~11:35-畳平12:20
7月27日(水)霧雨。雨なので上高地は諦めて帰京することにした。平湯で信州のそばを食べ、松本で長野の新鮮野菜をお土産に買う。登山経験の豊富な先輩のお話を聞くのが楽しい。登ったことはなくとも知識が増えると自分が成長したような気になる。ニワトリにならず黄色いまま巨大化するヒヨコのようなものだ。素晴らしい経験をさせてくださった先輩方、本当にありがとうございました。
畳平9:50-平湯12:10-松本14:50 解散。
今回見た高山植物の花はクロユリ、ウサギギク、ヨツバシオガマ、チシマギキョウ、ハクサンイチゲ、ミヤマダイコンソウ、ミヤマキンポウゲ、コイワカガミ、チングルマ、アオノツガザクラ、コマクサ、オトギリソウ等々でした。(川島 記)

No.3,723 苗場山  <B>

コロナ第7波が拡大しているので中止しました。

 役  員  会 だ  よ  り 

コロナ、オミクロン株が拡大中なので中止しました。

<< お 知 ら せ >>

  • 11月山行予告

 見通尾根から幕張尾根  <B>  L飯田隆一

  • 10月の役員会は10月5日(水)練馬区役所1905室17:00~19:00です。
  • 11月の山行計画と山行報告を9月30日(金)までに飯田まで提出してください。

T.T.C. 会 報 2022 年 8 月号

≪ 8 月 の 山 行 計 画  ≫

No.3,724 燕岳から常念岳へ <A>     L 飯島正子

昨年雨で中止したコースです。槍、穂高を望み、大天井の稜線を歩くコースです。

 8月4日(木)JR穂高駅に11:00集合(新宿7:00発あずさ1号松本行=9:38松本=9:55大糸線信濃大町行き=穂高10:21着)タクシー=11:00中房温泉-1時間30分第二ベンチ-1時間20分合戦小屋-1時間10分燕山荘(泊)
 歩程:4時間+1時間・・・・・5時間
 8月5日(金)5:00燕山荘-30分燕岳-25分燕山荘-1時間大下りの頭-2時間40分大天荘-1時間30分東大天井の道標-1時間30分常念小屋(泊)
歩程:7時間35分+1時間30分・・・・・9時間5分
 8月6日(土)7:00常念小屋-1時間常念岳-45分常念小屋-1時間笠原-1時間20分大滝ベンチ-50分ヒエ平・一の沢登山口=タクシーで穂高駅へ。あずさ46号穂高発16:00(新宿着19:06)
 歩程:5時間55分+1時間30分・・・・7時間25分
 地図:昭文社“槍ヶ岳・穂高岳”
 費用:約43,000円(あずさ新宿-穂高7060×2=14120円、タクシー代1500×2=3000円、宿泊費13000×2泊=26000円)
 申し込み:7月26日(火)までにショートメールでリーダーへ 

 No.3,725 にゅう <C>     L 瀬川仁子

 みどり池湖畔に建つしらびそ小屋に泊まり、翌日北八ヶ岳では珍しい岩峰にゅうに登ります。→コロナ7波蔓延のため中止します。

 8月19日(金)小海駅11:20集合(7;06高尾=8:33甲府8:51=9:43小淵沢10:07=11:17小海あるいは8:00新宿あずさ5号南小谷行き=9:53小淵沢で行けます)11:25小海町営バス稲子湯行き=12:09みどり池入口-2時間みどり池 しらびそ小屋(泊)1泊2食付 9,000円 TEL 0267-96-2165、090-4739-5255 
歩程:2時間+30分・・・・・2時間30分
 8月20日(土)7:00しらびそ小屋-2時間15分中山峠-1時間にゅう-1時間15分白駒池-30分麦草峠=茅野(15:18茅野 あずさ38号=17:23新宿) 
歩程:5時間+2時間・・・・・7時間
地図:昭文社“八ヶ岳” 
費用:20,000円(新宿起点)特急往復の場合は4,500円加算されます。 
申し込み:8月16日(火)までにショートメールにてお申込み下さい。
 備考:雨天の場合は順延します。なお、麦草峠からのバスは7月1日に改正されるので、またお知らせします。2日目は<C>というより<B>の行程になります。ゆっくりした時間設定にしてあります。

No.3,726 大朝日岳から祝瓶山 <A>     L 飯田隆一

コロナ7波蔓延のため中止します。

8月25(木)22:50東京駅八重洲通り発TOKYOサンライズ号(TH001)=23:05上野駅前=5:05(翌朝)寒河江営業所
8月26日(金)5:05寒河江営業所=(タクシー約1時間)古寺鉱泉 歩き出し-2時間20分ハナヌキ峰分岐-1時間30分小朝日岳-1時間50分大朝日小屋(泊)小屋は避難小屋です。
歩程:5時間40分+2時間・・・・・7時間40分
8月27日(土)6:00歩き出し-15分大朝日岳-1時間平岩山-1時間北大玉山―3時間祝瓶山-2間30分大石沢小屋 宿の車で民宿「斎藤」へ。
歩程:7時間45分+2時間・・・・・9時間45分
8月28日(日)小国=米沢=(山形新幹線)東京
地図:昭文社“朝日連峰”、2.5万図“朝日岳、羽前葉山、徳網”
費用:約30,000円(往路バス7000円、小国-東京11410円、大朝日小屋1500円)
申し込み:8月13日(土)までに、往路のバスを予約してショ-トメ-ルあるいはメールでリ-ダ-へ。
備考:避難小屋装備持参、非常食は必ず持参ください。水は小屋近くにあります。TOKYOサンライズ03-3529-0321

≪ 5 月 の 山 行 報 告 ≫

No.3,707 富士山馬返 <C>     L 瀬川仁子

パーティー:女性 計8名

5月3日(火)計画の1日が雨模様の天気予報だったので3日に変更して実施
しました。馬返周辺に咲くフジザクラを楽しむはずでしたがほとんどの花は終わりかけていて中の茶屋周辺の群落は完全に終わっていました。10 日ほど前が丁度良かったでしょう。ただ新緑の道は美しくまた歩きやすい道でしたので、すがすがしい空気を吸ってGWとは思えない静かな時間を過ごしました。船津胎内樹形は入域するのに待ち時間がかかったため今回はスルーしました。立派な社殿の本宮富士浅間神社で最後の休憩。御師の家の入口をのぞきながら富士山駅につきました。
10:10 馬返-10:40 大石茶屋跡-40 分 11:20 中の茶屋 12;00-13:00 船津胎内樹型-14:20 浅間神社 14:40-15:10 富士山駅	(瀬川 記)

No.3,708 神ノ主山から鳴虫山 <B>

パーティー:女性3名/男性1名 計4名

5月8日(日)晴。日光駅から登山口につくと同年配の 10 数名のパ-テイ-が
準備をしていて、先に登りだした。静かに杉林の中を登る。一休みする場所で前のグループを追い越す。アカヤシオは咲いてはいるがチラホラの状態であった。まだ早いらしい。これ程開花が遅れる年も珍しいのかもしれない。神ノ主山に着くとベンチがあり女峰山、男体山の展望が良い。この先は木の根が張り出している小さな幾つものピークを越えていくが、展望がない。アカヤシオの群生地のはずだが時期がずれている。或いは今年は裏年なのか。鳴虫山の頂上に着くと多くの登山者がいて景色を楽しんだりおしゃべりをしたりで皆楽しそう。女峰山から赤薙山の稜線が目の前に大きく広がっていた。女峰山の左側のピークは大真名子山か。男体山は林に隠れている。下りに入ったが急な階段なので目の前の景色をチラチラ見ながら注意していく。市街地に近づくと登山者より観光客のほうが多くなってきた。発電所から先は川に沿っていき、水量が多い憾満ケ淵では岩に彫られた梵語を見つけて大喜び。数十体の並び地蔵の所を過ぎ道路に出た。途中水ようかんを買いに行く人もいたが全員 15:30 の特急に乗り帰京。
東武日光駅9:00-登山口9:20-神ノ主山 10:10-鳴虫山 11:30~12:00-合峰 12:20-独標 13:00-憾満ケ淵 14:05-東武日光駅 15:00	(飯田 記)

No.3,709 滝子山 <B>

パーティー:女性4名/男性7名 計11名

5月 22 日(日)曇りのち晴。21 日(土)が雨マークのため1日伸ばして実施
しました。
時々青空が広がる中を笹子駅から道証地蔵の分岐まで車道を登って行く。久しぶりの晴れ間でたくさんの人が続く。一息入れて山道へ。対岸に渡り、沢音を聞きながらつかず離れずが今回のルート。滝もあり、きれいな沢の流れを見ながら続く。樹林帯を登り再び沢を渡り、迂回路へ。大鹿峠の分岐を過ぎ先ほど別れた沢沿いの道と合流。そこで昼食を終え砂金(?)を見ながらしばらくいって沢を離れ南斜面を登って尾根に出た。防火帯が開け、広々として気持ちがよく、新緑の木々の間から見える青空がとても美しい。
神社が祀られた鎮西池からひと登りして滝子山の頂上へ。陽は差しているが富士山は雲の中。下山は檜平方面へ。長い女坂を緑とミツバツツジのピンク色を楽しみながら広い檜平へ。一休みして左へ折れ、藤沢方面へと向かい、谷沿いを結構長く歩き、疲れたころやっと集落。そして初狩駅で解散。
5月のたっぷりの緑の中をたっぷりの歩きを楽しませていただいた山旅でした。自然と皆様のエネルギーを得て完走できました。ありがとうございます。
笹子駅8:50―道証地蔵 10:50―大鹿峠分岐から沢合流 11:20―昼食 12:00
-滝子山頂上 13:30―檜平 14:00~14:10-藤沢 16:30―初狩駅 17:00
(記 飯島)


No.3,710 男体山 <A>

パーティー:女性1名/男性1名 計2名

5月 28 日(土)快晴。4 名のパーテイーであったが直前で 2 名のキャンセルが
あり 2 名になってしまったので、登山口からの往復にした。日光駅からのバス時刻にも変更があり登山開始が遅くなってしまった。今日は天気が良いのでこの伝統ある山には数百人の登山客が登り、盛況であった。二荒山神社からは 1,200mを超える高度差の往復なのでかなりキツイ。神社境内にある受付で登拝料を払い登山開始。登拝料は以前登った時の 500 円から値上がりして 1,000 円になっていた。三合目から四合目は工事用車道。五合目から八合目は岩ごろごろの道。全身を使っての登りであった。頂上には奥の最高点の岩場に4 ~5mもある天を突くように鉄の神剣が立ち圧倒される。頂上からは 360 度の眺望が素晴らしい。近くには女峰山、大真名子、小真名子山、太郎山が見え、目を転じると沢筋に雪が残る日光白根山、皇海山、遠くには真白な尾瀬燧ケ岳と会津駒ヶ岳、その右に雲をかぶる雪山は荒海山方面か。一等三角点ならではの山座同定であった。下りは慎重に下って神社につき、ほとんど待たずにきたバスで駅に向かった。日本人の観光客がだいぶ多くなってきたが外国人の姿はほとんどない。
二荒山神社登山口9:50-3合目 10:30-5合目 11:05-8合目 12:50-男体山頂上 13:45~14:00-8合目 14:30-4合目 15:45-二荒山神社登山口 16:25	(飯田 記)

No.3,711 高川山 <B>

雨天の予報のため中止しました。

≪ 役  員  会 だ  よ  り ≫

  • ホームページの担当が代わるので、その内容をどのようにするかを話し合った。
  • 登山届はコンパス方式が今後の主流になると思われるが全てのリーダーが対応できるわけではないので、現在の登山届の形式も残すことになる。しかし登山口にある登山届箱には鍵が掛からないものもあるので、個人情報保護の立場で不安が残る、といった意見もありもう少し検討する。
  • ホームページに載せる写真は会山行に限定するが、写真に写りたくない人は自分で対応策をとる。
  • 体験参加者は日帰りのB、C山行に限ることとした。
  • 最近、コロナ規制のため低山での遭難が増えている報道があるので注意をしましょう。

<< お 知 ら せ >>

  • 金峰山の山行計画の訂正

7月号にお知らせしましたが時刻などが明確になりましたので次のように訂正します。

No. 3,719 日本百名山金峰山 (再掲載, 時刻決定版) <B>     L 小林雄一

7月2日(土) 塩山駅北口(JR 中央本線)8:35 集合(7:06 高尾発(JR中央本線・甲府行8:22 塩山着)8:45発 大弛峠行バス=10:10大弛峠着10:20 歩き出し(標高 2,360m)-30分朝日峠-30分朝日岳-(途中,昼食)-90分金峰山(標高2,599m)-70分朝日岳-25分朝日峠-25分大弛峠 16:15発バス=17:40塩山駅
歩程:4時間30分+1時間30分・・・・・6時間00分
地図: https://www.yamakei online.com,「金峰山」検索,スクロールして「大きい地図で確認する」または「コースタイム付き地図で見る」、又は昭文社 "金峰山・甲武信"
費用: 約 8,400 円 (高尾駅から)
申し込み:6月 29 日(水)までにショートメールでリーダーへ。

雨の予報の場合,キャンセルします。バスは予約制です。

備考:百名山の一つ,金峰山(きんぷさん , きんぽうさん)は奥秩父の盟主。山頂までは爽快な稜線歩き、そして山頂からは遮るもののない 360 度ビューの絶景を楽しめます。瑞牆山、八ヶ岳の赤岳 や権現岳,南アルプスの山々の眺望は絶品です。前回(7月号),昨年度のバス時刻表を基にして暫定的に時間設定しましたが、今年度の行き・帰りのバス時刻は 15 分遅くなりました。そのため,山行時間を上記のように変更しました。塩山駅集合場所は北口です。
  • 8月の役員会は8月3日(水)練馬区役所1906室、18:00~20:00です。
  • 今までの役員会と時間が違います。ご注意ください。
  • 9月の山行計画及び山行報告を6月30日(木)までに飯田まで提出してください。

T.T.C. 会 報 2022 年 9 月号

≪ 9 月 の 山 行 計 画 ≫

No.3,727 相馬山   <C>          L 飯田隆一

9月4日(日)8:40高崎駅集合(6:40上野発高崎行=8:31高崎)8:55高崎(群馬バス伊香保温泉行)=10:14湖畔バス停-10分沼ノ原-10分松ノ沢峠-20分スルス岩-5分スルス峠-15分ヤセオネ分岐-30分相馬山-20分ヤセオネ分岐-10分ヤセオネ峠バス停
歩程:2時間+1時間30分・・・・・3時間30分 14:00又は15:00発のバスで高崎駅へ。
地図:昭文社“赤城・皇海・筑波”
費用:約6,400円(東京-高崎往復3960円、バス往復2400円)
申し込み:9月2日(金)までにメールまたは携帯メールでリーダーへ。

No.3,728 ()無山(なしやま)十二ヶ岳(じゅうにがだけ)    <B>     L 小林雄一

9月10日(土)河口湖駅9:00集合(7:11 高尾発 (大月乗換)=8:49 河口湖着)9:10発 西湖周遊バス = 9:34 毛無山登山口バス停 9:45歩き出し (913m) -90分 毛無山 (1500m)-100分 (途中,昼食) -十二ヶ岳 (1681m) - 100分 十二ヶ岳登山口バス停-16:08発バス=16:45 河口湖駅 
歩程:4時間10分+1時間30分・・・・・5時間40分
地図:https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=19201あるいは「毛無山」または「十二ヶ岳」で検索し,ヤマケイオンライン画面をスクロールして「大きい地図で確認する」または「コースタイム付き地図で見る」 、昭文社“富士山”
費用:約4,500円 (高尾駅から)
申し込み:山行をご希望の方は9月8日(木)午後8時までにリーダーへご連絡ください。
備考:富士山麓,西湖の北側に連なるこれらの山々を結ぶ稜線は小さなコブと鞍部が交互に現れる岩尾根であり,岩場や鎖場,そしてつり橋と,変化に富んだコースを楽しめる。加えて,この稜線から富士山の展望も楽しめる。

No.3,729 大室山~加入道山  <B>      L 飯田隆一

9月17日(土)小田急線新松田駅8:20集合(新宿6:50発小田原行=8:16新松田 8:25発バス=9:36西丹沢ビジターセンター-25分用木沢出合-1時間20分犬越路-1時間40分大室山-1時間15分加入道山10分白石峠-1時間10分用木沢出合-25分西丹沢自然教室
歩程:5時間25分+1時間30分・・・・・6時間55分 17:10の新松田行バスに乗車予定
地図:昭文社“丹沢” 2.5万図“中川”
費用:約4,000円 (新宿-新松田800*2=1600、新松田-西丹沢1210*2=2420)
申し込み:9月15日(木)までにメールまたは携帯メールでリーダーへ。
備考:新松田駅のバスはかなり込みます。増便は出ないことが多いのが実情です。できるだけ早く集合してください。当日連絡用TEL090-5783-8099 人数によってはタクシーを用いて用木沢出合まで乗ります。

No.3,730 奥秩父(大弛峠~甲武信岳) <B>  L 瀬川仁子

6月に計画し、雨によって中止した山行の再計画です。
9月23日(金・祝)8:30塩山駅北口集合(高尾7:06=8:14塩山)8:45栄和交通バス=11:10大弛峠 昼食後、北奥千丈岳まで散策 大弛小屋(泊)1泊2食 ¥9,000円 TEL090-7605-8549
歩程:2時間+30分・・・・・2時間30分 

9月24日(土)7:00大弛小屋-1時間国師岳-3時間30分富士見-2時間甲武信岳-15分甲武信小屋(泊)1泊3食 ¥9,500円 TEL 090-3337-8949
歩程:6時間45分+2時間・・・・・8時間45分

9月25日(日)6:30甲武信小屋-千曲川源流-5時間梓山 
歩程:5時間+1時間30分・・・・・6時間30分 13:02、14:40発のバスに乗る
 13:02梓山=13:27信濃川上あるいは14:40梓山=15:05信濃川上
地図:昭文社“金峰山・甲武信岳”
備考:2日目はちょっとハードです。雨の場合は順延します。
申し込み:9月16日(金)までにメールでお願いします。メールが無理な方はSMでもけっこうです。
費用:33,000円(新宿起点)

≪ 6 月 の 山 行 報 告 ≫

No.3,712 宮地山・セーメーバン  <B>

雨天の予報のため中止しました。

No.3,713 日の出山  <C>

雨天のため中止しました。

No.3,714 奥秩父(大弛峠~甲武信岳) <B>

雨天の予報のため中止しました。

No.3,715 上州武尊山  <B>

パーティー:女性6名/男性2名 計8名

6月18日(土)晴。朝6:30に宿の車で御水の水場の近くまで送ってもらい7:00に歩き出す。今日は天気が良いので多くの登山者が下の駐車場に車を停めて登っている。ここは、すでに1700m近いのでラッキーである。オグナスキー場の上部を上り登山道に入った。急登を登り前武尊に着く。日本武尊の銅像が建っている。不動岳を通り登ってきた人がいた。このコースは10年以上前に苦労したコースであることを思い出した。目の前に剣ヶ峰の岩場が迫っている。現在この岩場の通行は禁止されていて右に巻く登山道がつけられていた。家ノ串で少し休み中ノ岳南肩に着いた。下山はここから東北方向に行くのでザックを置いていくか迷ったが往復1時間位かかるので持っていくことにした。三ツ池は雪に覆われその先は長い雪渓になった。沖武尊の頂上にはたくさんの人が休んでいた。360度の展望であった。中ノ岳南肩に戻り下山コースに入った。直ぐに長い長い雪渓になった。慎重に進むと今度は鎖場となり通過に時間がかかった。この先も雪解けのぐちゃぐちゃな道なので靴が泥んこになった。セビオス岳で昼食。ここは真正面に至仏山が見えていた。高山平には避難小屋があって携帯が通じるところなので迎えの車を頼み先に進んだ。武尊牧場キャンプ場で宿の車に乗り宿へ。花咲の湯で汗を流し上毛高原駅と沼田駅に向かった。たくさんの花が咲いていて楽しめました。
7:00標高1700m付近歩き出し-8:15前武尊-家の串9:25-中ノ岳南肩10:15-上州武尊山(沖武尊)10:50~11:10-中ノ岳南肩11:30-セビオス岳12:50~13:20(昼食)-武尊牧場キャンプ場14:40       (飯田 記)

No.3,716 編笠山から権現岳へ  <B>

パーティー:女性6名/男性2名 計8名

6月26日(日)曇り。観音平では車がいっぱい。沢山の人が登っているようだ。雲海まで木々のひんやりとした空気の中、笹が生い茂る緑の道を快適に登って行く。水分補給して穏やかな勾配をところどころの岩を乗り越えながら森の中に入っていくとドウダンツツジが満開でかわいい。足元にはマイヅルソウやミツバオイレン、ゴゼンタチバナと高山植物が楽しませてくれる。開けたところが押手川。編笠山の道標を確認して急登する。途中の苔が生えてきれいな岩場で昼食にした。鉄のハシゴを登り、ハイマツ帯を抜けて頂上へ。富士山から鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳の南アルプスのパノラマが広がり素晴らしい景色。「いいねェー日本の山はー」とほれぼれ。でも北方面が雲に覆われているため明日登りたい権現岳、それに八ヶ岳の主峰赤岳が見えない。また、すごい風が吹いて足がすくわれそうになる。岩と岩の間を下に見える青年小屋に向かって慎重に下りる。ところどころにイワカガミが沢山咲いていてみんなの心を和ませてくれる。ありがとう。
 観音平9:30-雲海10:30-押手川11:10-お昼11:30~12:30-編笠山山頂13:10~13:40-青年小屋14:00(泊)

 6月27日(月)朝6時過ぎになっても夜間ずっと吹いていた風がやまず、それに霧が濃くて権現岳は一向に姿を現さない。樹林帯ではこの風はさえぎられるが権現岳の頂上や三ツ頭は木のないガレ場を歩くので危険。展望も期待できないと判断して観音平に戻ることにした。しっとりとした霧なので雨合羽を着用して出発。青年小屋から巻道で押手川へ。この道は苔むした世界が広がっていてとても素敵だ。大自然の営みに包まれている豊かな感覚が味わえる。紅色のイワカガミの花が笑っている姿に声をかけながら、昨日登った道を観音平まで下りた。一休みして八ヶ岳横断道路を行く。一面カラマツ林の中を三味線滝へ。涼しい水音を聞きながらゆっくりと昼食を終え、高原の風に吹かれて甲斐小泉の駅へ降りてきて解散。権現岳はまた会いに行きましょう。
 青年小屋7:00-押手川9:00-雲海9:30-観音平10:10~30-三味線滝11:30~12:00昼食-甲斐小泉駅13:30            (飯島 記)

No.3,717 湯ノ丸山、三方ヶ峰  <C>

パーティー:女性8名

6月27日(月)晴。予定通り、不要の荷を宿に預けて、スキー場のリフトに乗り、下りて3分歩くと一面オレンジ色も鮮やかなレンゲツツジの咲く平原に着いた。今年は急に暑い日が続いたので咲き終わっているのでは・・・と心配していましたがリーダーとしては今回のメインだったのでホッとしました。一般の見物者も居る中、我々も写真を撮ったりしながらのんびりと花鑑賞をしました。その後、鐘の鳴る分岐からいよいよ湯ノ丸山への登山開始。登る途中もレンゲツツジは勿論、イワカガミ、ゴゼンタチバナ、シャクナゲ、ツマトリソウなど色々な花が咲いていました。石がゴロゴロ結構段差があり辛い登りですが花々に癒されいつの間にか湯ノ丸山本峰に到着。ザックをデポして三角点のある北峰を往復し昼食タイム。すぐ近くに烏帽子岳、その奥には北アルプスの山々が見えました。汗をかいた後なのか食事をしている間寒い位で上着を着る人も居ました。極暑に耐えている平地に居る人に申し訳ない・・・。これも登山の醍醐味でしょうか。下山は鐘の鳴る分岐からカラ松など樹林の中の心地良い平坦な道を下りキャンプ場を通って宿へ。
リフト乗り場10:30-鐘の鳴る分岐11:10-湯ノ丸山2:10昼食北峰ピストン13:30-鐘の鳴る分岐14:15~50-15:30宿

6月28日(火)晴。宿の車で池の平まで送ってもらい木道の湿原散策をし、鏡池のカモの親子や斜面のレンゲツツジ、湿原の花を見て三方ヶ峰に登る。ここにはコマクサが咲いており、珍しい白のコマクサもあった。その先の見晴岳でもコマクサが沢山咲いており名前の通り展望のよいピークで多少霧がかかっていたが北ア、乗鞍、御嶽なども見ることが出来た。のんびり眺望を楽しんでから池の平に下りアズマ屋で昼食にした。
池の平歩き出し9:10-三方ヶ峰9:40~10:00-見晴岳10:10~45-池の平11:40(昼食)12:00宿の車で12:20宿へ。入浴後宿の車で佐久平駅へ(解散)
今回泊った宿はとても親切で駅までの送迎、翌日の池の平までの送迎、チェックアウト後の入浴すべて無料、おまけにお土産付きの山行になりました。
(佐藤ツ 記)

No.3,718 大菩薩嶺<B>

パーティー: 女性2名/男性2名 計4名

6月4日(土)晴れ時々曇り。梅雨入り前の不安定な天気が続いていたが、この日は天気に恵まれた。気温13〜18度、風もなく快適な山行を楽しめた。行きのJRは座れない登山客がいるほど混んでいて、バスは臨時便が出ていた。標高差:登り472 m、下り1165 m。
バスに乗り30分で標高1585mの上日川峠へ到着。そこから1時間半で大菩薩峠着。小休止。お目当ての富士山は残念なことに雲の中。大菩薩嶺をいただく笹原は広く、見応え十分だ。峠から賽ノ河原そして雷岩へ続く稜線から遠くに目をやれば、南アルプスが見える。あれが北岳、鳳凰三山、雪渓の上に見えるのは赤石岳かな、と当てていく。富士山が少しだけ恥ずかしそうに頭を出す。1時間半で雷岩到着。ここで昼食。この間、唐松尾根からの登山者がひっきりなしに現れる。人気の山だ。ここから15分歩き、大菩薩嶺の頂上。標高2057m。展望はないが、とりあえず安堵。そして下山開始。日が差し込み映える若葉、小鳥のさえずり。所々段差があり、慎重に足を運びながら1時間かけて丸川峠に到着。残すは大菩薩嶺登山口バス停までの下りだ。途中、倒木と岩を埋め尽くした苔は圧巻だ。ふわふわした苔に耳を近づけ山の音をきく会長。我々を迎えてくれるかのような春蝉の合唱。15時45分、バス停到着。ここで解散。いろいろな楽しみ方のできた山行だった。お疲れ様でした。
上日川峠9:10-福ちゃん荘9:40〜50-大菩薩峠10:25〜30-賽ノ河原10:35-雷岩11:25〜55(昼食)-大菩薩嶺12:00-丸川峠13:10-大菩薩峠登山口バス停15:45                               (小林 記)

≪ 役  員  会 だ  よ  り 

ホームページが変わりました。内容について意見のある方は意見を寄せてください。

<< お 知 ら せ >>

  • 山行予告

10月8日(土)~9日(日) 志津倉山と蒲生岳  <B> L飯田隆一

  • 9月の役員会は9月7日(水)練馬区役所20階交流室17:00~19:00です。
  • 10月の山行計画及び山行報告を7月31日(日)までに飯田まで提出してください。

T.T.C. 会 報 2022 年 7 月号

≪6 月 の 山 行 計 画( 追 加)≫

No. 3,718  日本百名山大菩薩嶺 周回コース  <B>     L 小林雄一

6月4日(土)甲斐大和駅 (JR中央本線) 8:05集合(7:06 高尾発 (JR中央本線・甲府行=8:03甲斐大和着) 8:10発 上日川峠[大菩薩]行バス (栄和交通)=8:51 上日川峠[大菩薩]着 9:05歩き出し (標高1585m) -30分福ちゃん荘-5分富士見山荘-55分大菩薩峠-15分賽ノ河原-(途中, 雷岩・昼食)-45分大菩薩嶺 (標高2057m)-60分丸川峠-1時間20分丸川峠入口-15分大菩薩峠登山口バス停 バスで塩山駅南口 (16:03もしくは16:43分発, 約30分で塩山駅) 
歩程:5時間05分+1時間25分・・・・・6時間30分 
地図:https://www.yamakei-online.com
「大菩薩嶺」検索,下にスクロールして「大きい地図で確認する」または「コースタイム付き地図で見る」、又は昭文社“大菩薩嶺” 
費用:約3,650円 (高尾駅から) 
申し込み:6月2日(木)までにショートメールでリーダーへ。
備考:『日本百名山』の一つ。富士山の展望が良い。中里介山の長編時代小説『大菩薩峠』は1960年に映画化された。

≪ 7月 の 山行計画 ≫

No. 3,719 日本百名山金峰山 <B>     L 小林雄一

7 月 2 日(土) 塩山駅 (JR 中央本線 ) 8 20 集合(7: 06 高尾発 (JR 中央本
線・甲府行 8: 14 塩山着 ) 8: 30 発 大弛峠行バス 予約制 , 栄和交通 )=10 00
大弛峠着 10 10 歩き出し 標高 2,360m) 30 分朝日峠 30 分朝日岳 途中 , 昼
食 ) 90 分金峰山 標高 2599m) 70 分朝日岳 25 分朝日峠 25 分大弛峠 16:00
発バス =17:30 塩山駅
歩程: 4 時間 30 分 1時間 30 分・・・・・ 6 時間 00 分
地図: https://www.yamakei online.com 
「金峰山」検索,スクロールして「大きい地図で確認する」または「コースタイム付き地図で見る」、又は昭文社“金峰山・甲武信”
費用: 約 6,400 円 高尾駅から
申し込み: バスは予約制です。早めに人数を把握する必要があるため,山行を
ご希望の方はなるべく早く ショートメール で リーダーへご連絡ください
雨の予報の場合,キャンセルできます 無料 。
備考: 今年の時刻表が未定なため,昨年度を参考にして仮計画を立てました。
会報の 8 月号 6 月 下旬 発行 にて,再度アナウンスします ) 百名山の一つ,金峰
山(きんぷさん , きんぽうさん)は奥秩父の盟主。山頂までは爽快な稜線歩き,
そして山頂からは遮るもののない 360 度ビューの絶景を楽しめます。瑞牆山,八
ヶ岳の赤岳 や権現岳,南アルプスの山々の眺望は絶品です。なお,バスの時刻表
については問い合わせ中です。

No.3,720 富士山のハクサンシャクナゲを楽しむ <B>     L 瀬川仁子

7月18 日(月・祝) 富士山駅 10 00 集合(高速バス東京駅7: 40 =富士山駅
9: 42 、新宿7: 45 =富士山駅 37 どちらかを利用。タクシーにて馬返まで行
きます。 11 00 馬返し-1時間二合目-1時間四合五勺-1時間佐藤小屋 
TEL:090 3133 2230 1泊2食 9,000 円
歩程 :3時間+1時間・・・・・4時間
7月19 日(火) 7: 00 佐藤小屋- 40 分五合目-1時間 30 分御庭- 40 分奥庭
展望地-2時間三合目バス停
歩程:4時間 50 分+2時間・・・・・6時間 50 分 13 58 バスに乗る。 14 25 河口湖着、 14 35 富士山駅着
地図:昭文社“富士山
費用:16,000 円(新宿、東京起点)
申し込み:7月 13 日(水) まで に メール かSMで
備考:天候によっては順延します。

No.3,721 鹿島槍ヶ岳 <A>     L 飯島正子

7月 20 日(水) 東京6: 28 発北陸新幹線はくたか 551 号=長野8: 05 着8:
15 発バス扇沢行= 10 00 扇沢- 15 分登山口-1時間 20 分ケルン-2時間 30 分柏
原新道から種池山荘(泊)
歩程: 4時間 05 分+1時間 ・・・・・ 5時間 05 分
7月 21 日(木) 5: 00 種池山荘出発-1時間爺ヶ岳南峰-1時間 10 分冷池山
荘-1時間 20 分布引山- 50 分鹿島槍ヶ岳南峰- 25 分北峰- 25 分南峰- 40 分布引
山- 50 分冷池山荘(泊)
歩程: 6時間 40 分+1時間 30 分 ・・・・・ 8時間 10 分
7月 22 日(金) 7: 00 冷池山荘出発- 10 分冷乗越-1時間 30 分爺ヶ岳- 40
分種池山荘-1時間 40 分柏原新道ケルン- 50 分モミジ坂- 15 分扇沢バス停
歩程: 5時間 05 分+1時間 30 分 ・・・・・ 6時間 35 分
地図: 昭文社 鹿島槍・五竜岳
費用: 1泊夕食付 10,000 円 × 2 泊+交通費=約 40,000 円
申し込み: 7月 12 日までにメール またはショートメールでリーダーへ

No.3,722 乗鞍岳 < C >     L 菊地玉記

7月 25 日(月) 新宿7: 30 発(あずさ 3 号)= 10 23 松本(アルピコ交通バ
ス) 10 40 12 05 平湯 14 40 15 40 畳平 近くのお花畑散策 白雲荘泊( 1
泊 2 食 9 800 円 
TEL: 090 3480 3136
7月 26 日(火) 畳平- 1 時間肩の小屋― 50 分剣ヶ峰- 40 分肩の小屋- 50 分畳
平
歩程:3 時間 20 分+1時間 30 分 ・・・・・ 4時間 50 分
7月 27 日(水) 近くの乗鞍岳の朝日岳等に登るか上高地散策か、天候によって
皆んなと話し合いたいと思います。ゆっくり のんびり 乗鞍岳を楽しみたいと
思います。1泊でもよいです。
地図:昭文社“乗鞍高原“
申し込み:6 月 20 日迄にメール又は電話 でリーダーへ。
費用:37 410 円(新宿起点)

No.3,723 苗場山 <B>     L 飯田隆一

7月 29 日(金) 7: 00 東京発上越新幹線とき 303 号新潟行=7: 06 上野=7:
26 大宮=8: 11 越後湯沢=タクシー約 30 分和田小屋 1時間 10 分下ノ芝-神楽
峰1時間 30 分- 1 時間 10 分苗場山(苗場山自然体験交流センター泊、 1 泊 9000
円、)到着後希望者で頂上付近にある大小無数の池塘のある平原を散策します。
歩程:3 時間 50 分+ 1 時間 30 分 ・・・・・5 時間 20 分
7月 30 日(土) 6: 00 歩き出し- 50 分深穴の大岩- 1 時間フクベノ平- 1 時間
45 分赤湯- 1 時間 30 分林道-1時間 50 分平標山登山口 タクシーで越後湯沢駅
へ
歩程:6 時間 55 分+1時間 45 分 ・・・・・ 8時間 40 分
地図:昭文社“谷川岳” 2.5 万図“苗場山、佐武流山、三国峠”
費用:約 27 000 円(東京-越後湯沢 6790 * 13580 、タクシー 2500 、宿泊 9000
申し込み:7 月 23 日(土)迄にショートメール 又はメール でリーダーへ。
備考:苗場山頂上の自然体験交流センターは天水です(水場までは 5 0 分掛かり
ます)。飲水を持参ください。残雪がかなり残っていることもあります。参加者
には事前にお知らせします。

≪ 4月 の 山行計画 ≫

No.3,700 丹沢ミツバ岳 B>
雨天のため中止しました。

No.3,701 鐘撞堂山 <C>

パーティー: 女性 13 名 男性 2 名 計 15 名

4月 16 日(土) 曇後晴。昨日からの降雨で心配したが天気予報を信じて催行し
たのが正解でした。天気は急速に快復し青空の元、春らんまんの 1 日を堪能しま
した。
寄居駅の北口から国道
140 号の信号に出てこれを渡り、深田谷津の集落に入り
大正池という灌漑用の小さな池のほとりに出た。ここで参加者の佐藤さんのアド
バイスを受けて予定のコースを変更して急な斜面を僅かに登り支尾根に取り付く。
尾根上は平坦で桜沢駅からの尾根道に合流するコースだったが、新緑に加え山ツ
ツジが満開で素晴らしかった。佐藤さんに感謝です。頂上直下は急登組と巻き道組に分かれて登
った。頂上には展望台とアズマ屋があり、多勢の人が居た。昔こ
の頂上には寄居鉢形城があり北方の軍勢の動きを鐘をついて知らせたという。山
名の由来に納得する。頂上でゆっくり昼食をし、円良田湖へと下る道に入る。急
下降僅かで自然林の尾根道を行くが直ぐに舗装道路に出て円良田湖に出る。小さ
な湖だが湖面では釣り人がのんびり糸をたれていた。囲りは桜の木が多く開花時
は見事でしょう。直ぐ引き返して少林寺への道に入る。僅かな登りで羅漢山に着
く。小広い山頂は阿弥陀仏を中心に石仏がまつられている。ここからは五百羅漢
を見乍ら少林寺に下る。 この先寄居駅までの車道歩きが長くて辛い。途中にある
善導寺に立ち寄り寄居駅で解散。小さな山だが春の息吹を満喫出来ました。大勢
のご参加ありがとうございました。
寄居9:
15 ―大正池 55 10 05 -鐘撞堂山 11 05 (昼食 11 35 -円良田
湖 12 00 -羅漢山 12 20 30 -少林寺 12 50 13 00 -善導寺 13 45 -寄居駅
14 20 (佐藤ツ 記)

No.3,702 大岩の瑞牆山 <B>

パーティー:女性 4 名 男性 3 名 計7名

2022年4月23日(土)晴。韮崎駅から瑞牆山荘前までタクシー利用。 登り始めてから30分程すると目指す山、瑞牆山が見える。何ともカッコいい山のお姿。惚れ惚れする。そして、富士見平小屋まで約50分で到着。車酔いでシャキッとせず、富士山を見るのをすっかり忘れてしまったが水分補給し気を取り直してGo!
 天気が良く、歩いていると多少汗をかくが爽やかな風が心地よく、すっかり車酔いも回復。小川山への分岐から天鳥川出合いまで下り、渡渉してすぐに桃太郎岩。
 余談ですが、鬼滅の刃ブームで炭治郎が真っ二つに割った岩が注目されましたね。瑞牆山の桃太郎岩が似ていると言うことですがどうでしょうか。
 私はミーハーレベルですが、鬼滅ファンで、桃太郎岩を見るのを楽しみにしていました。
さあ、この岩を過ぎた辺りから登山道に岩がゴロゴロと現れだし、程なくして巨岩に四苦八苦する。大ヤスリ岩を見上げ、後少し頑張れば山頂だと自分を励ますものの大岩に「足が上がらない~。」岩と岩の間を抜けるのに「お腹が挟まる~。」とワイワイ言いながらなんとかクリア。
 山頂まで10分の道標の所で残雪のため各々軽アイゼン、チェーンスパイク装着。そして、山頂に到着。なんともいえない景色が広がり、360°のパノラマは絶景。美しい山姿。本当に感動です。 道中、登山は素晴らしい趣味だね等と話ながらでしたが改めて実感です。
 下山の様子はここまで長文になりましたので全集中の呼吸(鬼滅の刃より)で無事下山でき、楽しい山行であった事をご報告して終わりにしたいと思います。今回の山行録はリーダーからのご指名で初めて書かせて頂きました。 
  瑞牆山荘前9:40-富士見平10:20-天鳥沢11:00―頂上13:00~30(昼食)―富士見平15:30―瑞牆山荘前16:00=タクシーで韮崎駅16:30

No.3,703 薬師岳から夕日岳 <B>

パーティー:女性 2 名 男性 2 名 計 4 名

2022年4月24日(日)曇。登山口の細尾峠には車が3台来ていた。登り始める。最初は緩やかな登りだが次第に急になってきた。アカヤシオが咲いている。薬師岳に到着したが展望はきかない。穏やかな上り下りが続くがヤシオツツジのつぼみはまだ固いようである。1週間位早いようだ。時々登山者が降りてくる。三ツ目で休憩。参加者の一人がパイナップルを持参、素晴らしく美味しい。甘露、甘露。僅かな登りで夕日岳。ここからは地蔵岳への登りがあるだけなので楽になった。ハガタテ平からの下りには数回の渡渉があるが大したことはない。林道に出て長い長い林道歩きはうんざりした。古峰原のバス停についたがこの辺はまだ桜が咲いていた。観光客は神社参拝と桜のお花見を兼ねているようだ。バスが出た後なので古峰神社の中を見学。天狗の面の一刀彫は素晴らしい。新鹿沼駅へのバスに乗るころ雨が降ってきた。
細尾峠歩き出し9:05-薬師岳9:50~10:00-三ツ目11:10~20-夕日岳11:40~12:10-地蔵岳12:40-ハガタテ平13:10-古峰原神社バス停14:45(飯田 記) 

No.3,704 五大尊つつじ公園から大高取山 <C>

パーティー:女性 7名

2022年4月30日(土)晴。五大尊つつじ公園までは歩いて20分ぐらいかかり今年もつつじ祭はしていなかった。残念ながらつつじもほとんど満開を過ぎて遅咲きのつつじがちらほら残っていた。まず五大尊へ登りお参りしました。五大尊とは五大明王の尊称で本堂には中央に大日如来の化身の使者である不動明王を置き東西南北に降(ごう)三世(ざんせ)大威徳(たいいとく)、軍(ぐん)茶利(たり)、金剛夜叉の明王をそれぞれ配し五大明王像が祀られています。園内を秩父三十四ヶ所写し霊場コースから坂東三十三ヶ所写し霊場コースの急な階段を登り標高が高く眺望を楽しめる場所から摩利支天の横を登って登山道に出た。尾根道は樹林帯の落ち葉道であった。30分程歩いたら新しい標識の東砥(と)山があり小休止しました。小さなアップダウンを15分程歩いて展望のよい西高取山で形良い筑波山が見えました。大高取山はかなり下って昨日雨が降ったので少しぬかるみの木の根の出た歩きにくい道を登って樹林を切り倒してしまう展望のよい大高取山頂上に着いた。椅子が何組かあってゆっくり昼食をしました。下山は35分ほどで桂木観音に出て眺望を少し楽しみました。ここから車道を少し下り又山道に入り虚空蔵菩薩で急な階段を登ってお参りをして来ました。車道に出て30分程の越生駅で解散しました。
越生駅9:38-五大尊つつじ公園10:05-登山口10:33-東砥山11:00-西高取山11:16~26-大高取山12:10~40-桂木観音13:15-虚空蔵菩薩14:25-15:25越生駅解散(菊地 記)

No.3,706 総会

出席者:佐藤ツ、瀬川、菊地、阪本、河野、神戸、飯島、森戸、村田、南出/飯田、佐藤、中島、村田、檜垣、小林、計16名  
4月10日(日)練馬区役所多目的会議室で開催。  
1) 2021年度活動報告(飯田)  
2) 2021年度会計報告及び2022年度予算について(村田(美)報告)、  
3) 2021年度会計監査報告(阪本(操)報告)、  
4) 2021年度業務担当  
会長      飯田隆一  
副会長     瀬川仁子、飯島正子
会計      村田美和子  
会計監査    阪本操子、南出淑江
保険事務    瀬川仁子  
入会担当業務  瀬川仁子、河野良子  
会報作成、配布 瀬川仁子、飯田隆一、森戸ふみ
ホームページ  瀬下 清
役員会会場予約 河野良子 
 山行計画    佐藤ツヤ子、瀬川仁子、菊地玉記、飯田隆一、河野良子、飯島正子、森戸ふみ、村田秀也、檜垣康夫、小林雄一  
5)堅田さんが役員を退任されました。長い間お疲れさまでした。  

≪ 役員会だより ≫

1) 体験参加する方やゲストの方には参加時に緊急連絡先を教えてもらうことにした。
2) 登山届は多くの山では義務づけられている。登山届の書き方や届出の方法について議論をした。結論としてはもう少し検討する必要があるが安全性のためと個人情報保護の立場で考えることが大切である。もう少し多くの人の意見を聞きたい 。

≪ お知らせ ≫

☆ 山行予告
 8月下旬  朝日連峰     飯田
 10月初旬 志津倉山と蒲生岳 飯田
☆ 7 月の役員会は 7 月 6 日(水)練馬区役所地下 2 階多目的会議室 17:00~19:00 です。
☆ 8 月の山行計画及び山行報告を 5 月 31 日(火)までに飯田まで提出してください。
☆ 6月の役員会は6月中旬になるため、8月号の 会報 の配布は6月下旬 か7月上旬 になります。

T.T.C. 会 報 2022 年 6 月号

≪ 5 月 の 山 行 計 画 ( 追 加 ) ≫

No.3,711 高川山 <B>     L 小林雄一

5月 14 日(土)初狩駅 (JR 中央本線)8:55 集合(7:00 新宿発 (京王線・京王八王子行)=7:38 北野7:39(京王高尾山行)=7:49 高尾8:02(JR 中央線)=8:52 着) 9:10 歩き出し-1 時間 30 分男坂・女坂コース登山口- 1 時間 10分高川山頂上-45 分古宿分岐-45 分四差路-10 分リニア見学センター-20 分禾生駅(かせいえき)
歩程:4時間 40 分+1時間 20 分・・・・・6時間
地図: yamakei online.com , 高川山 => 大きい地図で確認する
費用: 約 2,300 円 新宿から
申し込み: 5 月 12 日(木)までにショートメール で
備考 :山頂からの富士山の展望が良い。秀麗富嶽十二景の山のひとつ。山梨百
名山の1つ。雨の予報の時は翌日に変更

≪ 6 月 の 山 行 計 画 ≫

No.3,712 宮地山・セーメーバン <B>     L 村田 秀也

6月5日(日)猿橋駅8:10 集合(高尾7:24=猿橋着8:06)8:18 発浅川行きのバスに乗ります。奈良子入口-宝鐘寺薬師堂-宮路山-大岱山-セーメーバン-サクラ沢峠-金山温泉-遅能戸バス停 14:00 17:10
歩程:6時間 30 分+1時間 30 分・・・・・8時間
地図:昭文社“大菩薩嶺”
費用:高尾から往復 2000 円から 2500 円
申し込み:6月3日までにショートメールか Gmail まで
備考:帰路タクシー利用だと大月まで 1 台 1500 円程度プラス迎車料金

No.3,713 日の出山 <C>     L 菊地玉記

6月 12 日(日)御嶽駅9:10 集合(7:44 新宿発ホリデー奥多摩3号=9:04 御嶽駅)=(バス、ケーブル)御岳山ケーブル山上駅 10 時歩き出し-25 分神代ケヤキ-20 分四差路-25 分日の出山-15 分道標-1時間 30 分つるつる温泉駅バス停
歩程:2時間 55 分+1時間 35 分・・・・・4時間 30 分
地図:昭文社“奥多摩”
費用:約 2,000 円
申し込み:6月 10 日(金)までにCメール、又は電話でリーダーへ。

No.3,714 奥秩父(大弛峠~甲武信岳) <B>     L 瀬川仁子

6月 11 日(土)9:30 塩山駅北口集合(高尾8:02=9:24 塩山)9:40 栄和交通バス=11:10 大弛峠 昼食後、北奥千丈岳まで散策 大弛小屋(泊)1泊2食 ¥9,000 円 TEL090-7605-8549
歩程:2時間+30 分・・・・・2時間 30 分
6月 12 日(日)7:00 大弛小屋-1時間国師岳-3時間 30 分富士見-2時間甲武信岳-15 分甲武信小屋(泊)1 泊3食 ¥9,500 円 TEL 090-3337-8949
歩程:6時間 45 分+2時間・・・・・8時間 45 分
6月 13 日(月)6:30 甲武信小屋-千曲川源流-5時間梓山
歩程:5時間+1時間 30 分・・・・・6時間 30 分 13:02、14:40 発のバスに乗る
13:02 梓山=13:27 信濃川上あるいは 14:40 梓山=15:05 信濃川上
地図:昭文社“金峰山・甲武信岳”
申し込み:6月7日(火)までにメールでお願いします。
メールが無理な方はSMでもけっこうです。
費用:33,000 円(新宿起点)
備考:2日目はちょっとハードです。雨の場合6/12 にします。

No.3,715 奥上州武尊山 <B>     L 飯田隆一

6月 18 日(土)沼田駅 15:30 集合 上野(高崎行)12:27=14:18 高崎 14:37=14:46 新前橋 14:49=15:26 沼田 =(宿の車で宿へ)
6月 19 日(日)御沢の水場まで宿の車で送ってもらう。御沢の水場-40 分前
武尊-1 時間 30 分中ノ岳-35 分武尊山(沖武尊)-30 分中ノ岳-1 時間 20 分高
山平-1 時間 15 分武尊牧場
歩程:5時間 50 分+1 時間 30 分・・・・・7時間 20分
地図:2.5 万図“鎌田”、昭文社“谷川岳”
費用:18,080 円(上野-沼田 2640*2=5280 円)
申し込み:6月 12 日(日)までにショートメールまたはメール
備考:宿はペンションてんとう虫(群馬県片品村花咲 2789-44、TEL0278-58-4105 
1 泊2食+弁当で 12,800 円(沼田駅又は上毛高原駅への送迎付)、露天風呂もある「花咲の湯」までは車で 5 分(送迎あり)
19 日に宿の車で送ってもらう御沢の水場は標高 1700mです。往路で新幹線を利用する方は東京 14:40(とき 325 号)=15:46 上毛高原 宿の車は沼田 15:30発=上毛高原 15:50 発です。帰りは沼田駅、上毛高原駅 17 時過ぎの時間になります。

No.3,716 編笠山から権現岳へ <B>     L 飯島正子

6月 26 日(日)小淵沢駅9:00 集合(7:00 新宿発スーパーあずさ 1 号松本行=8:53 小淵沢)=(タクシー15 分)観音平 9:30 歩き出し-1 時間雲海展望台-50 分押手川-1 時間 40 分編笠山-20 分青年小屋(泊)090-2657-9720
歩程:3時間 50 分+1時間・・・・・4時間 50 分
6月 27 日(月)青年小屋7:00-1 時間 30 分権現岳-40 分三ツ頭-35 分前三ツ頭-2時間 20 分天女山-1 時間甲斐大泉駅
歩程:6時間 05 分+1時間 30 分・・・・・7時間 35 分
地図:昭文社“八ヶ岳”
費用:約 24,000 円
申し込み:6月 21 日(火)迄にショートメールでリーダーへ。

No.3,717 湯ノ丸山、三方ヶ峰 <C>     L 佐藤ツヤ子

地蔵峠に1泊してのんびりとレンゲツツジの大群落を鑑賞し、その他の高山植
物を探し乍ら歩きましょう。

6月 27 日(月)佐久平駅改札口9時集合(東京7:24 あさま 603 号=大宮7:49=佐久平8:51 が便利)。宿の車で宿へ。不要の荷を預けて 10 時頃から歩き出す。リフトを利用してレンゲツツジの群落地へ行き花の鑑賞後湯ノ丸山へ。時間と脚力に応じ角間峠経由か鐘の分岐点迄戻って湯ノ丸キャンプ場経由で宿に戻る。
歩程:(角間峠経由の場合)4時間 20 分+1 時間 30 分・・・・・5時間 50 分
(キャンプ場経由の場合)2時間 40 分+1 時間・・・・・3時間 40 分
6月 28 日(火)宿8時 30 分歩き出し-1時間 40 分見晴台-30 分三方ヶ峰-20 分鏡池-30 分兎平-1 時間 10 分宿
歩程:4時間 10 分+1時間 30 分・・・・・5時間 40 分
地図:昭文社“浅間山”
費用:ジパング利用で約 24,000 円
申し込み:6月5日までにメール、電話でリーダーへ。
宿の都合で早くなりました。
備考:レンゲツツジと高山植物の鑑賞を目的にしているのでコースに余りこだわらずのんびり歩きたいと思います。佐久平駅迄の往復は宿の車の送迎付きなので余分な荷物は宿に預けられます。2日目下山後入浴も可能です。
宿:「湯の丸高原ホテル」TEL0268-62-0376 尚、初日分の昼食は持参して下さい。2日目の昼食は希望により 400 円から 800 円の間で弁当が出来ます。

≪ 3 月 の 山 行 計 画 ≫

No.3,696 要害山~赤ぼっこ <C>

パーティー:女性7名

2022年3月12日(土)晴。コロナオミクロン感染者がまだ多いのでお互いに気を付ける様努力した。今日はもう20℃以上の予報で朝から初夏の様に暖かった。宮ノ平からゆるやかに下って登山口まで30分、要害山(414m)までは3~4回急登のアップダウンがあり、要害山の尾根は長くなだらかなので気をつけないと気づかずに通り過ぎてしまう。30分程歩くと階段を下って岩山の展望のよい天狗岩になる。暫く展望を楽しんで10分程で赤ぼっこ山(409m)である。展望できる山が木札で書かれてある。登頂の時間が早かったし頂上の長椅子も空いていたので山を眺めながらゆっくり昼食した。時折尾根を吹く風が今日はとても心地よく感じられた。40分程歩いて二ツ塚で小休止をしてコンニャク岩の下山道を下りて、青梅の簡保の宿で休む。今日は暑かったので冷たい物を食べていた方も居りました。多摩川を渡り青梅へは30分程で着きました。
宮ノ平9:15-登山口9:44-要害山10:35~10:40-天狗岩11:10~25-赤ぼっこ11:35~12:15-二ツ塚12:55~13:05-コンニャク岩13:30-登山口13:40  (菊地 記)

No.3,697 倉見山 <B>

パーティー:女性3名/男性2名 計5名

2022年3月12日(土)晴。東桂駅では9名の少し若いグループと我々5名が下車。体操をしている9名より先に歩き出す。墓地の間を抜け鹿柵をくぐると急登が始まった。ひと汗かいて四等三角点、ここで9名が追い付いてきた。倉見分岐を過ぎ倉見山近くなると雪が現れ、しかも融けて凍っているので始末が悪い。女性3人はアイゼンをつけた。倉見山到着。正面に真白な富士山の全景が広がっていた。このコースは右に三つ峠山、左に御正体山が見えていて景色が良い。少し先の見晴台で昼食タイム。またここで9名が追いつき近くで食事を始めた。向原峠まで行く予定であったが、雪が多いので用心のため手前の相定ヶ峰から下山した。途中でようやく雪の心配がなくなったのでアイゼンを外した。道路に出て寿駅に着き解散。天気が良く気持ちの良い登山であった。
東桂駅8:50-登山口(長泉院)9:10-四等三角点(844.5m)9:50-1080mp10:50-倉見山11:50-見晴台12:00~40-相定ヶ峰13:00-道路14:20-寿駅14:45(飯田 記)

No.3,698 茅ヶ岳 <B>

パーティー:女性2名/男性2名 計4名

2022年3月20日(日)晴深田公園からまずは女岩を目指して雑木林の林道をゆっくりと歩きだす。この山に初めて登る人、数年ぶりの人、小さい子どもを背負って登ったというウン十年ぶりの人…。それぞれの想いを胸に山頂を目指し快適な歩きをつづけるが、いきなりの急登。女岩を巻いて左斜面のトラバースの登りを終え、尾根上のコルに着きホッと一息入れる。少し登ると深田久弥が登山中に急逝した場所があり、手を合わせ岩が多い道をさらにひたすら登ると頂上に出た。頂上には沢山の人がおり、山腹に雪を輝かせている美しい富士山、南アルプス、八ケ岳、金峰山など沢山の百名山に囲まれている。
昼食を終え金ヶ岳へ向けて下る。そして登って石門をくぐりまた下り、登り返して北峰につく。山肌と山道は雪が残っているがアイゼンは必要なし。注意しながらまわりの山々を見ながら自然林の大木の落ち葉で色づいた道を歩いた。
下山は瘦せ尾根になり岩も大きい。気を抜かず、が続く。八ケ岳連峰が近くはっきりと姿を見せてくれる。アカマツの樹林帯を終え車道に出た。歩き甲斐のある変化にとんだ縦走路を楽しみ、またこの山に出会えた喜びをかみしめながら終えました
深田記念公園9:30-女岩11:00-茅ヶ岳頂上12:00~30(昼食)―金ヶ岳北峰13:40~50―扇平休憩舎15:40-タクシーで韮崎駅16:30 (飯島 記)

No.3,699 北川尾根~四寸道 <B>

パーティー:女性5名/男性2名 計7名

2022年3月13日(日)晴。北川尾根のとりつき点白山神社から尾根までは藪をかきわけての急登だ。尾根を一路北に向いオバケ山と記載されたテープを確認した後、北川尾根を登りつめ橋本林道から東へ林道を巡り関八州見晴台に至った。山頂を西に少し下りた辺りから北へ四寸道に入った。蟻の戸渡りはさすがに緊張を強いられる。戸渡り通過後、尾根は東側を平行する林道に交差するが途中で下りて猿岩林道へ。ここから南に橋本林道に行く。橋本林道から高山不動に出て一般道を西吾野へ下りた。
西吾野10:00-白山神社10:30-オバケ山11:30-橋本林道13:00-関八州見晴台13:40-蟻の戸渡り14:00-高山不動15:00-西吾野駅16:30  (五十嵐 記)

No.3,705 鐘ケ岳北尾根から大山  <B>

パーテイー:女性3,男1名 計4名

2022年3月27日(日)曇。別所温泉入口でバスを降り15分位歩いた所から山道に入った。標識も赤テープもない。標高270mで尾根筋に出た。鐘ケ岳北尾根である。踏み跡は付いていた。小さなピークは420mの福神山だが標識はなかった。さらに登ると数名の登山者がいる鐘ケ岳に出た。この人たちは足ヶ久保から来たそうだ。山神隧道の分岐で一般道と別れてバリエーションルートに入る。左側に鹿柵が出てきて急登が続く。見晴広場Bで勾配が一旦ゆるくなったが又急登となりロープのある細尾根を行き大山と三峰をつなぐ一般道に飛び出した。道が良くなったが階段状の登りがきつい。天気が悪くなり、雨が当たりだしたので分岐から見晴台を経由して下社に下ることにした。見晴台で右に曲がり下社を目指すと途中で雨になったので雨具を付けた。ケーブルは終わりに近いので女坂を下山した。バス停について解散。1000mを超す登りはきつかった。
別所温泉入口バス停9:20-鐘ケ岳北尾根9:45-福神山(420m)10:35-鐘ヶ岳11:15~40-見晴広場B12:45-893m点14:45-下社分岐15:25-阿夫利神社下社16:20-大山ケーブルバス停17:25 (飯田 記)

≪ 役 員 会 だ よ り ≫

1) 会計監査の阪本、南出さんによる会計監査が実地されました。
2) 会則では「新年度に入り2ケ月会費の納入がない場合は退会とする」となっていますが、この文を削除したい旨の提案に対して反対意見もでましたが、会則変更をすることになりました。会則に関しては次年度総会にて提案します。

≪ お 知 ら せ ≫

☆ 総会 7 月の山行予告
日未定 鹿島槍ヶ岳 <A> L飯島正子
山行集合時間変更
No.3,707 富士山馬返 <C>
集合時間が変更になります。5月1日(日)富士急行富士山駅9:20 集合(高尾7:24=9:04 富士山9:30(バス)=10:00 馬返, 又は新宿発7:30
「特急富士回遊 3 号」=9:15 富士山駅
高速バスはゴールデンウイーク中でもあり間に合わないと思います。
☆ 次の方が退会しました。
No.135 高橋幸子、No.229 吉原幸子、No.434 阪本弘二、No.593 高野公理、
No.615 小田洋子、No.617 大矢美香
☆ スポーツ安全保険について下記の方々の保険加入手続きが完了しました。
冨永愛湖、森純子、石田里千代、小堤治、佐藤ツヤ子、加瀬英子、山田広子、
森野綾子、松永道子、小林雄一、檜垣康夫、寺島寛子、飯島正子、矢島正枝、
菊地貴英子、瀬川仁子、森田俊子、久保田ゆかり、飯泉とよ子、河野良子、飯
田隆一、持田ヒデ子、高田喜代美
☆ 6月の役員会は6月 14 日(火)練馬区役所 1906 室 17:00~19:00 です。
今月初めに選挙の関係で日程が変更になっています。
☆ 7月の山行計画及び山行報告を4月 30 日(土)までに飯田まで提出してください。

≪ 総 会 だ よ り ≫

4月 10 日練馬区役所において総会が開催され、2021 年度会計報告と 2022 年度
予算案の説明、2021 年度活動報告がありました。

T.T.C. 会 報 2022 年 5 月号

滝子山

≪ 3 月 の 山 行 計 画 ( 追 加 ) ≫

3月の計画が少ないので急遽計画しました。大山のわりと歩かれているバリエー
ションです。

No.3,706 鐘ケ岳北尾根から大山 <B>     L 飯田隆一

3月 27 日(日)本厚木8:30 集合(7:30 新宿発小田原行=8:24 本厚木)
8:40 発宮ケ瀬行バス=9:07 別所温泉入口 9:10 歩き出し-30 分北尾根鞍
部-35 分山ノ神-30 分鐘ケ岳-50 分見晴-1時間 20 分 893m点-1 時間 10 分大山-1時間ケーブル上駅
歩程:5時間 55 分+1 時間 35 分・・・・・7時間 30 分
地図:2.5 万図“厚木、大山”
費用:約 2,600 円(新宿-本厚木 510,伊勢原-新宿 600、バス 460+320、ケーブル 640)
申し込み:3月 25 日(金)までにメールまたはショートメールで
備考:ケーブル上駅で解散します。

≪ 4 月 の 山 行 計 画 ( 追 加 ) ≫

No.3,706 鐘ケ岳北尾根から大山 <B>     L 飯田隆一

コロナ禍のために、この2年間総会を開催できませんでしたが、今年は開催す
ることにいたしました。

日時:4月 10 日(日)14:00~16:00
場所:練馬区役所地下2階、多目的会議室(練馬区役所は西武池袋線練馬駅、又は地下鉄大江戸線練馬駅下車徒歩5分)
議題:
1)2021 年度活動内容報告
2)2021 年度会計報告及び 2022 年度予算について
3)2021 年度会計監査報告
4)2022 年度役員人事
5)その他

≪ 5 月 の 山 行 計 画 ≫

No.3,707 富士山馬返 <C>     L 瀬川仁子

馬返周辺に咲くフジザクラを楽しみます。帰りは富士浅間神社を参拝。
5月1日(日)富士急行富士山駅 10:15 集合(7:21 新宿=7:53 豊田8:04=8:57 大月9:15=10:01 富士山) 10:30 バスにて=11:00 馬返 馬返-30 分大石茶屋跡(フジザクラ群落鑑賞)-40 分中の茶屋-30 分船津胎内樹型-1時間 45 分浅間神社-35 分富士山駅
歩程:4時間+2時間・・・・・6時間
地図:昭文社“富士山”
費用:約 5,300 円(新宿起点)
申し込み:4月 30 日(土)までにCメールでリーダーへ。
備考:高速バスにて富士山駅まで行く人はGWなので2時間程度の渋滞があることをご承知下さい。また帰りは電車利用が良いと思います。当日雨天の時は5月3日(火)に実施します。

No.3,708 神ノ主山から鳴虫山 <B>     L 飯田

5月7日(土)7:00 浅草発リバティけごん3号=8:54 東武日光 歩き出し-15 分登山口-50 分神ノ主山-1 時間 15 分鳴虫山-25 分合峰(松立山)-20 分
合方-25 分独標-50 分含満ガ渕-25 分総合会館前バス停
歩程:4時間 45 分+1 時間 30 分・・・・・6時間 15 分
地図:昭文社“日光”
費用:約 4,500 円(浅草-東武日光 1390*2=2780、特急 1470、バス 200)
申し込み:5月5日(木)までにメール、ショートメールでリーダーへ
備考:ヤシオつつじが見られると思います。雨天の場合は5月8日(日)に変
更します。 

No.3,709 滝子山 <A>     L 飯島正子

5月 21 日(土)笹子駅8:40 集合(7:39 高尾発小淵沢行=8:36 着))-
8:50 歩き出し―1時間 30 分道証地蔵―1時間5分大鹿峠分岐―1時間 20 分滝
子山頂上―1時間 50 分藤沢―35 分初狩駅
歩程:6時間 20 分+1時間 30 分・・・・・7時間 50 分
地図:昭文社 大菩薩嶺
費用:約 3,500 円
申し込み:5月 19 日(木)までにショートメールでリーダーへ。

No.3,710 男体山 <A>     L 飯田隆一

5月 28 日(土)東武日光駅前8:25 集合(6:30 浅草発東武日光行リバティけごん 1 号=8:22 東武日光)東武日光発バス8:33=9:22 二荒神社前 -1時間 20 分四合目-2時間 10 分男体山-20 分 2,397.7m-2時間三本松バス停
歩程:5時間 50 分+1 時間 30 分・・・・・7時間 20 分
地図:2.5 万図“中禅寺湖、男体山”
費用:10,820 円(浅草-東武日光(1390+3770)*2=10320 円)
申し込み:5月 26 日(木)までにメール、携帯でリーダーへ。
備考:下りルートはバリエーションです。当日の参加者の状態によっては二荒神社前に往復もあり得ます。尚、入山時に入山料 500 円が必要です。三本松バス停前に鹿柵がありこれをどの様に抜けるかがカギを握っています

≪ 2 月 の 山 行 計 画 ≫

No.3,686 蔵王防平スノーシュー

コロナのオミクロン株が拡大しているので中止しました。

No.3,687 千手山から弾左衛門ノ峰 <B>

パーティー:女性4名/男性1名 計5名

2022年2月12日(土)晴。高尾駅から陣馬高原下行バスに乗り大久保で降りたのは我々だけであった。浄福寺のお墓の横から山道に入りしっかりした登山道を登り千手山に着いた。小津峠へ向かう道を探すのに一寸時間がかかった。雪の上に前方から歩いてきた足跡があるのでそれを辿った。小津峠から先は先日に降った雪が多くなったり少なくなったりした。北側に支尾根が多いので注意をしながらから西方向を目指して進む。雪の上に鹿の足跡がありそれをたどると歩きやすい。八王子市の基準点があり目印になった。かなり高い擁壁の上に出たので、左の方に進み階段を使い力石峠の道路に降り立った。道路を下っていくと上恩方排水施設がありその先の僅かな切り開きから中に入ると踏み後がないが強引に直登した。この辺りは難しいが北西方向に少しずつ高度を上げていき盆前山からの尾根筋に出て方向を西に変え536mp(恩方ノ峰)に着いた。気温が少し上がってきたがまだ4℃であった。589mpで又方向を変え鳥切場らしい所に着くと前方に送電鉄塔を見えた。疲れた足を引き上げるようにしてやっと弾左衛門ノ峰に到着。鉄塔の先の尾根筋を南方向に雪道を下る。沢山の落葉の上に雪が積もっているので滑りやすい。やたらにピンクリボンが付いている。雪がなくなった途中から道が不明瞭になったが強引に下り道路に出て関場バス停に着き解散した。低山ながら難しいコースであった。
大久保バス停8:35-9:00-小津峠9:50-力石峠11:10-(昼食11:55~12:20)-536mp(恩方ノ峰)13:00-589mp(高留沢ノ頭)13:30-弾左衛門ノ峰(669m)14:30-道路15:35-関場バス停15:50   (飯田 記)

No.3,688 高峰高原(高峰山、水ノ塔山)スノーシュー

コロナのオミクロン株が拡大しているので中止しました。

No.3,689 丹沢 シダンゴ山、高松山

雨天の予報のため中止しました。

No.3,690 志賀高原

パーティー:女性2名/男性2名 計4名

2022年2月21日(月)吹雪のため滑らないでゆっくりした。
2月22日(火)雪。昨日から一瞬の休みもなく雪は降り続けていた。宿の上のリフトは動いていない。一ノ瀬でリフトに乗りゆっくりと滑る。雪が多く案外重い雪なので安全なコースを選んで滑った。昼食後は一ノ瀬に戻ったが気温が低く寒いのでやめて宿に帰った。帰りも
深雪で苦労をした。リーダーの私が家庭の事情で帰ることになった。
2月 23 日(水) 晴。天気は回復して3人で滑り無事終了。 (飯田 記)   

No.3,691 関東平野を望む筑波山へ <B>

パーティー:女性4名/男性2名 計6名

2022年2月26日(土)晴 暖かな日差しの中、筑波山神社の左手の登山道をケーブルカー沿うように登る。しかし中の茶屋跡通って進路が西に変わるころから雪道になった。
シャーベット状や凍っていたりして歩きづらい。足元に注意を払いながら急登を御幸ヶ原まで全神経を使いながら登った。お昼を終え全員一緒に男体山頂上へ。また御幸ヶ原に戻り、今度は女体山へと向かう。ガマ石を過ぎて頂上へ。春の暖かさに包まれた関東平野の展望を楽しむ。本殿の下へ下り、次々と奇岩を見ながらも足元はやはり雪があったり石があったりで難路である。全神経を集中させるが、行き交う人は「この先ぬかるんでいますよ」「凍っていますからを付けて」と温かく声の掛けてくれる。私たちも「頂上まで雪がありますよ」「すべりやすいですよ」と説明したり・・・。そしてお互いをかばいあいながら一歩一歩下る。弁慶茶屋跡まで下りてホッと一息。雑木林を過ぎて次々と現れるマテバシイ、モミ、杉などの大木。常緑樹を仰ぎ見ながら冬でも緑の山をつくっている山中を筑波山神社で下りてきた。

筑波山神社歩き出し9:30-中の茶屋跡10:40-御幸ヶ原(昼食)11:20~12:10-男体山12:30-御幸ヶ原13:00-女体山13:50-弁慶茶屋跡15:00-筑波山神社16:10-16:40発バスでつくば駅へ (記 飯島)

No.3,692 天王山~堂所山 <C>

都合により中止しました。

No.3,693 大戸緑地 草戸山 <C>

都合により中止しました。


No.3,694 昭和記念公園

パーテイー:女性4名

2022年2月20日(日)曇。西立川口から入って雨上りのしっとりした空気の中、水鳥の池の道は生まれたばかりのクリスマスローズが小さな花を咲かせ池には水鳥がのんびり泳いでいた。
花木園の土手には原種のシクラメンの花が咲き、みんなの原っぱの古木の桜を過ぎ、日本庭園の入口は梅が満開だった。庭園内はぼたんの芽吹きや池をめぐり盆栽園を見て楽しみました。こもれびの里手前にソシンロウバイの花が沢山咲いておりました。古い農家が建ってをり、内に入ると懐しいたき火の匂いがして土間には台所用品が備えてありました。裏から丘陵に登るとお目当てのセツブンソウが、そこから休憩棟の周辺まで小さな白い花が沢山咲いており、時には落葉の中から顔を出している花もありました。又梅の花もそれぞれ香りを競ふかに咲き、花につられて砂川口ゲートの近くまで散策しました。ここにはソシンロウバイも沢山ありシナノマンサクも咲いていました。雨の翌日だったので休憩棟で一つおきに椅子に座り昼食をしました。食後こもれびの丘に登り立川の街を眺めながら花の丘にはもうシートの下に花の苗がすくすく育っており、ゆっくり散策しました。いぬふぐり、おどりこ草も咲いていてみんなの原っぱを通り花木園の立川口近くは梅の木が沢山あり梅の木の下にフクジュソウが一面に咲いていましたが一日曇だったので花が開いてなかったのが一寸残念でした。道々にスノードロップの小さな白い花も可愛かったです。
西立川口10:00-花木園10:30-日本庭園11:00-こもれびの里11:45~12:25-こもれびの丘13:10-花木園梅園13:40-立川口14:00 (菊地 記)

No.3,695 惣岳山 <B>

パーティー:女性2名/男性3名 計5名

2022年2月27日(日)晴。この冬は厳寒続きで北日本は豪雪にみまわれた。この日は最近にない暖かい春めいた日曜日であった。
軍畑駅から近くの東光寺の本堂前を左の山道に入った。平溝尾根と呼ばれるこの尾根は踏み跡がしっかりしている。道標がないだけで一般登山道さして変わらない。静けさと春の気配を楽しみながら登り続け614m点辺りで北側が伐採され眺望が開けた。岩岳石山と高水山が正面に見え、その奥に黒山という棒の折から長沢背稜に続く稜線が遠望できた。北面のせいか雪がくるぶし位まであり少しだけ雪道を楽しんだ。再び樹林帯に入り急登の後惣岳山に着いた。眺望のない山頂には青渭神社の奥社があるが金網に囲まれ妙な具合だ。昼食もとったが寒いので早々に下山することにした。沢井尾根に入ったが今日は軍畑まで行かず南へ分岐して沢井に下りた。しっかりした道を下り民家の脇へ出て山道は終った。
軍畑9:00-556m点11:00-惣岳山12:00~30-分岐13:15-小澤酒藏15:00 (五十嵐 記)

≪ 役 員 会 だ よ り ≫

☆ 2022 年 1 月に行われた No.3,680 高尾山(初詣山行)では山行中に飲酒をするという重大な会則違反がありました。到底許されることではありません。ここにあらためて山行中の飲酒は禁止ということを徹底します。尚、この様な違反を黙認することも良くないことです。コンプライアンスの立場を意識して行動してください。これに伴い細則6.行動中の飲酒は役員会で定めた懇親山行
等の例外的な山行以外は禁止します。を6.行動中の飲酒は禁止します。に改定します。

☆ ホームページに写真を掲載する際には個人情報保護の観点から人物の顔がわからないようにすると 2022 年2月号に載せましたがそれを撤回します。本人の承諾を得られた方の写真は掲載して結構です。個人情報の観点からそれを嫌がる方もいますので撮影時には十分お気をつけください。

☆ TTC のリーダーの年齢が高くなってきています。是非とも新しいリーダーが望まれるところです。自薦、他薦のいずれでもよいですから名乗りを挙げてくれるようにお願いします。

<< お 知 ら せ >>

☆ 総会に出席下さる方は会長までショートメールでお知らせください。

☆ 創立 50 周年を 2020 年 12 月に迎えました。しかしコロナ禍で式典を開くことができませんでした。創立 50 周年記念としてバンダナを作り皆さんにお渡しすることとしました。5月号の会報に同封しますので、ご活用ください。デザインは佐藤ツヤ子さんと村田美和子さんが担当しました。
当会は 1970 年(昭和 45 年)12 月に故 田名部 繫氏によって創立されました。以来 50 年に渡り活動を続けてきました。誇るべきは山岳遭難事故が 1件もなかったことです。それに満足せず、慢心することなく事故なしを継続せねばなりません。よろしくご協力をお願い致します。

☆ 6月の山行予告
日未定 上州武尊山(1 泊) <B> L飯田隆一

☆ 訂正 次の山行計画に日に誤りがありました。訂正します。
No.3,704 五大尊つつじ公園から大高取山 <C> 
(正)4 月 29 日(金・祝)
(誤)4 月 28 日(土)

☆ 次の方が退会しました。
No.553 五十嵐知也、No.577 堀江公、No.601 王蓉、No.603 内藤聖子

☆ スポーツ安全保険振込みのお願い
スポーツ安全保険に加入する方は3月 31 日までに振込みをお願いします。2022年4月1日現在で 65 歳以上の方は 1,200 円、64 歳以下の方は 1,850 円です。振込用紙を同封します。生年月日を記入する欄がありますが、年齢は西暦で記入して下さい。会山行のみの対応保険です。詳細は同封したパンフレットをご覧下さい。

☆ 会費振込みのお願い
3月 31 日までに振込みをお願いします。年会費は 6,000 円です。インターネット配信の方は年会費 5,000 円です。夫婦会員は 1 名が半額になります。又、新たにインターネット配信を希望する方は会員番号、氏名、インターネット配信希望と明記し瀬川のアドレスまでご連絡下さい。ゆうちょ銀行で振り込みをする際手数料が値上がりしました。現金での振り込みではなく通帳やカードにてATMで振り込みをするのが良いと思います。

☆ 退会される方は電話、メール、葉書で会長までお知らせ下さい。

☆ 5月の役員会は5月4日(水)練馬区役所 1906 室 17:00~19:00 です。

☆ 6月の山行計画及び山行報告を3月 31 日(木)までに飯田まで提出してください

T.T.C. 会 報 2022 年 4 月号

≪ 3 月 の 山 行 計 画 ( 追 加 ) ≫

No.3,699  北川尾根~四寸道 <B>     L 五十嵐知也

3月 13 日(日)西吾野駅9:10 集合-30 分白山神社-2時間橋本林道-45 分
高山不動奥ノ院-30 分蟻ノ戸渡り(四寸道)-1 時間横吹峠-30 分火ノ見下バス停=越生駅
歩程:5時間 15 分+1 時間 30 分・・・・・6 時間 45 分
地図:吉備人出版“奥武蔵登山詳細図”
費用:約 2,500 円
申し込み:3月 11 日(金)までに C メールでリーダーへ。
備考:巾四寸の細道の由来で四寸道と云われる古道。蟻ノ戸渡り 30m程の通過は要注意。

≪ 4 月 の 山 行 計 画 ≫

No.3,700 丹沢 ミツバ岳  <B>      L 村田秀也

4月3日(日)新松田駅8時 15 分集合 8:25 西丹沢ビジターセンター行きのバスに乗ります。
浅瀬入口バス停-世附権現山-ミツバ岳-滝壺橋-浅瀬入口
歩程:4時間 30 分+1時間 30 分・・・・・6時間
地図:昭文社“丹沢”
費用:新松田から往復 1820 円 
申し込み:4月 1 日までにショートメールかメールまで
備考:ミツマタの群生が開花しています。
総会
4月 10 日
詳細は次号でお知らせします。

No.3,701 鐘撞堂山 <C>      L 佐藤ツヤ子

4月 16 日(土)東武東上線寄居駅9:10 集合(7:27 池袋発小川町行=8:33 小川町8:44=9:00 寄居が便利)寄居駅-30 分大正池-10 分林道分岐-30分鐘撞堂山-30 分円良田湖畔-20 分羅漢山-10 分少林寺-30 分波久礼駅
歩程:2時間 40 分+2時間・・・・・4時間 40 分(円良田湖のお花見と五百羅漢見物を含む)
地図:2.5 万図“寄居”
費用:1,900 円(池袋駅起点)
申し込み:4月 14 日(木)までにメール又は電話で
備考:雨天順延。中止の場合は参加申込者に連絡します。

No.3,702 大岩の瑞牆山 <B>      L 飯島正子

4月 23 日(土)韮崎駅8:50 集合(7:00 新宿発スーパーあずさ1号松本行=8:37 着)タクシー=瑞牆山荘(トイレあり)-9:30 歩き出し―45分富士見平-25 分天鳥沢-1時間 20 分頂上-1時間天鳥沢-20 分富士見平-35 分瑞牆山荘、タクシーで韮崎駅へ
歩程:4時間 25 分+1時間・・・・・5時間 25 分
地図:昭文社“金峰山・甲武信”
費用:約 15,000 円
申し込み:4月 21 日(木)までにメールまたはショートメールでリーダーへ

No.3,703 薬師岳から夕日岳 <B>      L 飯田隆一

4月 24 日(日)東武線日光駅8:25 集合(浅草6:30 発特急リバティけごん1 号=8:23 東武日光)=タクシー約 30 分細尾峠-50 分薬師岳-1時間 30 分三ツ目-夕日岳(往復 40 分)-25 分地蔵岳-25 分ハガタテ平-50 分林道終点-40分古峰原神社バス停=新鹿沼駅
歩程:5時間 20 分+1時間 30 分・・・・・6時間 50 分(古峰原神社発バス 15:50、17:15)
地図:2.5 万図“日光南部、古峰ヶ原”、昭文社“日光”
費用:約 5,500 円(浅草-東武日光 1390 円+1470 円、古峰原神社-新鹿沼 500円、新鹿沼-浅草 1320、タクシー代は約 5000 円)
申し込み:4月 20 日(水)までにメールか携帯でリーダーへ。
備考:アカヤシオ見頃である事を期待して。天気が悪い場合は4月 29 日に変更
します。

No.3,704 五大尊つつじ公園から大高取山 <C>      L 菊地玉記

4月 28 日(土)八高線越生駅9:30 集合-20 分五大尊つつじ公園-40 分西山
高取-50 分大高取山(376.4m)-20 分桂木観音-30 分虚空蔵菩薩-30 分越生駅
歩程:3時間 10 分+1 時間 30 分・・・・・4時間 40 分
地図:昭文社“奥武蔵・秩父”
費用:八王子より 770 円
申し込み:4月 26 日(木)までに電話かメールでリーダーへ。
備考:越生は八高線又は東武東上線坂戸乗り換えで行けます

≪ 1 月 の 山 行 報 告 ≫

No.3,679 大平山~晃石山 <C>

コロナのオミクロン株が拡大しているので中止しました。

No.3,680 高尾山(初詣山行) <C>

パーティー:女性9名/男性3名 計 12 名

2022年1月9日(日)晴。コロナ第6波の入口、オミクロン感染拡大中だが、好天の故かバスは満員で増車が出た。日影バス停から車道を15分程歩いて、沢を渡り山道に入り登り始めた。4回程休憩し約2時間で城山に着いた。途中2組の登山者と会ったが、この道は余り人の来ない静かないい道だ。
城山の茶屋は結構な混雑で、次の一丁平までのいくつかののベンチは大分うまっていた。一丁平のベンチは人で一杯だが手頃な東屋が空いていたので、ここで恒例の手料理持ちより会が出来た。今年は若い人がいた故か、手作りのレーズンケーキやフルーツの詰め合わせ小包パックなどおしゃれな品が出た。大きな煮豆や正月風料理、キンカンの甘煮などみな美味しかった。
昨年の想い出話や今年の抱負なども語り終えたのであとかたづけをして薬王院へ向った。安全登山などの祈願をしてめったに歩かない1号路を歩き下山した。
日影バス停9:15-時々沢渡渉9:30-620m三角点10:30-城山11:30~45-一丁平12:15~14:00-薬王院15:00-高尾山駅15:40 (五十嵐 記)

No.3,681 ゲレンデスキー嬬恋

コロナの拡大のため中止しました。

No.3,682 ゲレンデスキー妙高赤倉

パーティー:女性4名/男性1名 計5名

2022年1月24日(月)曇り。妙高高原駅から宿の迎車で向かう道の両側の積雪が例年より格段に多い。雪の心配は無さそうだ。空はどんよりと雲が低く今にも降りだしそうだが予定通り宿から近い「クマドーゲレンデ」に向う。何年ぶりと言う人が居たので用心して最初の2,3本は初心者コースを滑るが直ぐに慣れてきたようなのでその後は中級者コースを15時ころまで滑降する。ゲレンデは空いていて雪質も良く楽しめた。
1月25日(火)晴。今日は宿の車で送迎して貰い「杉ノ原スキー場」に行く。杉ノ原はゴンドラも有り、ゲレンデも広いので快適に滑ることが出来た。以前来た時は雪が少なくブッシュを避けて滑るのが大変だったが今回は人も少なく、雪質も最高、野尻湖を眼下に景色も堪能した。10時ころから15時まで滑降。
1月26日(水)晴。今日も朝から青空で今年になって2日間も晴天が続くのは初めてとの事。私達はラッキーでした。今日は午前中だけなので9時30分の路線バスで「赤倉観光リゾートスキー場」に行き、スカイケーブルに乗り12時半頃まで滑降を楽しんだ。このゲレンデも空いていてとても滑り易かった。
今回のスキーはオミクロン株が増えつつあり、催行するか悩みましたが、切符を購入済の人も居たため決行しました。然し列車もスキー場も空いており、宿もスキー場もコロナ対策は確っかりしていたので安心しました。宿の料理も盛り沢山でお美味しく、温泉でコロナ、コロナで疲れた気持ちが癒されました。
参加者の皆さんお疲れ様でした。又ゲレンデでは唯一男性の瀬下さんに「オン
ブにダッコ」で大変お世話になり有難うございました。 (佐藤ツ 記)

No.3,683 柏木山~龍崖山 <C>

リーダーの都合で中止しました。

No.3,684 小鹿野アルプス般若山と釜の沢五峰 <B>

タクシーの手配がつかず、個人車を使用したので会山行ではなく個人山行にな
ってしまいましたが、一応報告を掲載します。

パーティー;女性3名/男性2名 計5名

1 月 30 日(日)晴。法性寺の駐車場に車を止めて法性寺の山門から登山スタートです。山門と本堂に大きな般若の面が掛けてあり、寺の奥さんから般若は知恵の神と教わる。また本堂から見える山の上の岩が奥宮だと教わりました。協力金一人 300 円を払って出発します。
観音堂、鎖で登る龍虎岩、月光(がっこう)坂を経て、奥の院着。片側が切れ落ちた巨岩を歩いてお船観音と鎖を登って大日如来にお参りします。観音様からは秩父盆地や武甲山の展望が良い場所です。
一登りすると展望台があり、両神山や二子山方向の展望も開けます。ここから一回下山して釜の沢五峰に向かいます。途中亀が岳が左に見えて、亀に見える見えないで多少論議。
釜の沢五峰の登山道は長若山荘さんが個人で作られた登山道だそうです。
一の峰から五まで石碑があるようですが直登したら一の峰は通過、二の峰はどう見ても三にしか見えない。展望の良い二の峰で昼食。二の峰と三の峰の下りはそこそこ立ってる鎖場です。四峰、五峰、展望台を過ぎて文殊峠へ。文殊峠には長若山荘さんの立派な天体観測所があります。ここを見学して少し戻って下山の体制に入ります。最後の見どころは兎岩で、兎の背中のような大きな岩の真ん中を
降りるのですが、ポールに鎖が両側に渡して付けられているので難なく通過して10 分ほどで林道に出ました。ここから法性寺まで車道歩きで本日の行程は終了です。
法性寺9:30-奥の院 11:00-長若山荘 11:40-二の峰 12:10-林道 15:10
-法性寺 15:45                               (村田 記)

No.3,685 舟子尾根〜刈寄山 <B>

パーティー:女性5名/男性2名 計7名

2022年1月16日(日)晴。武蔵五日市駅前のバス停は。数馬行乗車待ちと藤倉行バス待ちの列ができ混雑していた。
 キンキンに冷えている沢戸橋バス停で満員のバスを降り、全員集合し挨拶した。舟子尾根の取り付きまで林道を歩き、身支度を整え急登の登山道を歩き始める。体が暖まったところで古愛宕山に着いた。天気も快晴で、風も無く気温も上昇し快適に歩ける。大規模な伐採地に着き、スカイツリーに筑波山、男体山と日光方面の眺望を楽しんだ。少々籔っぽい踏跡から一般道に合流し進む。眺望の良いでは登山道では陽だまりを感じホットする。刈寄山で休憩し今熊山へは淡々と歩く。今熊山では長めの昼食を楽しんだ。金剛の滝では滝周囲の部分が凍結していて、見ごたえがあり寒さを忘れて見入ってしまう。滝からは急登となりきつかったが、東京都指定史跡広徳寺の江戸時中期の建造物と推測される茅葺の山門に圧倒される。武蔵五日市駅まではノンビリと周囲の景色を楽しみながら歩き駅で解散とした。
沢戸橋7時50分→古愛宕山9時→刈寄山10時30分→今熊山11時45分→金剛の滝12時55分→武蔵五日市駅14時15分 堀江 記
           

≪ 役 員 会 だ よ り ≫

コロナ拡大のため2月の役員会は中止しました。

1. コロナ拡大のため2月の役員会は中止しました。
2.会則の見直しをしていますが、コロナ拡大のため討議の時間が少なく変更がまとまっていません。次回の総会において発表し会員の意見を聞くつもりでしたが、もう少し時間をかけるつもりです。

<< お 知 ら せ >>

☆ No.3,695 惣岳山 <B>は次のように変更します。
実地日:2月 20 日(日)
集合時間:軍畑駅集合8:45
申し込み:2月 18 日(金)まで

☆ 次の方が入会しました。
No.618 小堤 治

☆ 次の方が退会しました。
No.448 荒サト子、No.586 米津蒼生子

☆ コロナ拡大のため山行の実施あるいは否かはリーダーの判断とします。

☆ 4月の役員会は4月6日(水)練馬区役所 1905 室 17:00~19:00 です。

☆ 山行計画及び山行報告を2月 28 日(月)までに飯田まで提出してください