<<創立50年記念の文>>

創立50年を祝う                  飯田隆一


 TTCは2020年12月に創立50年を迎えました。大変おめでたいことと思い ます。50年間で当会が誇れるのは遭難事件が一度もないことです。これは歴代の リーダーが立派であった事もありますが、参加した方々の技術力、注意力、体力 等全てが総合的に作用したものと言えます。事故の専門家によると世の中の事故 の発生には300:29:1という経験則があるそうです。1件の大事故の陰には29 件の中くらいの事故があり、またその陰には300件の小さい事故があると言う法 則です。経験則ですから理論的な裏付けはありません。これは山の事故でも同じ ですので小さな事故を中くらいの事故にしないように、参加者全員が気を付ける ことです。山の事故は下山時で夕方に起こることが多いという統計があります。
気を付けて、これからも事故を起こさないように楽しい山行を続けましょう。
私はTTCのリーダーを長年しておりますが、事故を起こさずに山行をする プレッシャーが常にあります。また一方楽しみもあります。自分一人では行きた いが行けない。しかし会員と一緒なら行けるという山を計画することができるの です。若い時から「この山に行きたい、このコースを歩きたい」と思っていた山 やコースが多くありました。TTCに入ってその様な山に次々と行けたのはTT Cのおかげでありリーダーをやったからだと思っています。リーダーになるとこ の様な長年の希望をかなえることが可能になってきます。そうして幾つかの行き たい山に行きました。皆さんにも憧れる山を計画してほしいのです。