山行計画   山行記録  トップページ

No.3,642 大菩薩丹波道  <B>
パーティー:女性6名/男性3名 計9名

7月17日(土)快晴。大菩薩嶺北尾根を計画したが登山口の泉水谷の木橋が大雨 で流され、今年4月に登ったグループはこの渡渉には水量が多く苦労したとの 情報があったので北尾根は中止した。そこで日帰り山行に変更して2日目の計 画の大菩薩丹波道を歩くことにした。3名の方は前日に介山荘に泊りその日に 上ってくる人を待つことになった。甲斐大和駅は登山者でごった返していた。 我々はジャンボタクシーで出来るだけ上まで行くことにした。上日川峠から山 道に入り休業している富士見山荘の先まで入ってもらった。ゆっくりと歩き出 した。標高が高いし木陰なので案外涼しい。30分くらいで介山荘に着き全員が 揃った。南アルプスの北部から中部方面が見えていた。丹波道は古くから旅人 が歩いた道なので木陰の道で緩やかな下り、きわめて快適な山歩きである。フ ルコンパは芝生の開けたところ。稜線の東側を巻きながら下りノーメダワに着 き昼食。ここで道を間違え20分のロス。今回はサカリ山を省略。サカリ山の東 側を巻くように下るがこれが案外長い。追分につくと大きな看板があり奥多摩 の雲取山から東に延びる尾根が見えていた。藤タワに着くと貝沢のコースには 入れないようになっていた。このところの集中豪雨の影響か。やむを得ず、す ぐ下に見える舗装道路におりバス停まで長々と歩いて解散した。15:46のバス で奥多摩駅に向かった。この日大菩薩嶺付近は数百人以上と思われる登山者が いたが、この丹波道は数人の登山者と会っただけの静かな、しかも猛暑日にし ては涼しい山旅であった。丹波から奥多摩駅に向かうバス通路で山行の翌日が け崩れがあった。一日違いでこれに巻き込まれず幸運であった。しかし数日前 に振った豪雨の影響といわれているので、今後線状降水帯があった後は気を付 けなければならない。

(山用語)タワ・ダワ:尾根のたるんでいる所、即ち鞍部をタワと称する。高尾山下の大弛のタルミも同義で尾根筋の垂るみ即ち鞍部というにタル、タルミというのである(山言葉辞典より)

歩き出し9:00-大菩薩峠9:30~40-フルコンパ10:15-ノーメダワ11:20~12:00-追分12:45-藤タワ14:10-林道14:20-丹波バス停15:05(解散)
 (飯田 記)


ルート garminGPSログ>

大菩薩

大菩薩1

大菩薩

大菩薩2

大菩薩

大菩薩3(フルコンパ)

大菩薩

大菩薩4

大菩薩

大菩薩5

大菩薩

大菩薩6

大菩薩

大菩薩7

大菩薩

大菩薩8

大菩薩

大菩薩9(ノーメダワで昼休憩)

大菩薩

大菩薩10

大菩薩

大菩薩11(ノーメダワ)

大菩薩

大菩薩12(追分)

大菩薩

大菩薩13

大菩薩

大菩薩14(右のピークが雲取山)

大菩薩

大菩薩15

大菩薩

大菩薩16(十文字)

大菩薩

大菩薩17(藤ダワ)

大菩薩

大菩薩18

大菩薩

大菩薩19(予定の登山道が通行止)

大菩薩

大菩薩20

大菩薩

大菩薩21()





No.3,642 大菩薩北尾根  <A>         L 飯田隆一

大菩薩嶺北尾根山行は、豪雨の影響により下記の、大菩薩丹波山道からサカリ山に変更して実施します。
大菩薩丹波山道からサカリ山  <B>

集合:7月17日(土)8:15塩山駅集合 → 集合、甲斐大和駅に変更

交通:7月17日(土)7:06高尾発甲府行=8:14塩山=(タクシー約30分)富士見山荘 

ルート:9:30歩き出しー50分大菩薩峠-35分フルコンパ-50分ノーメダワー50分追分―
    今倉山(サカリ山)往復40分-1時間藤タワー1時間丹波バス停
    
歩程:5時間45分+1時間30分・・・7時間15分
地図:昭文社“大菩薩嶺”
費用:約5,600円分(新宿―塩山1980円、丹波ー奥多摩1100円、奥多摩-新宿990円、タクシー1500円)
申し込み:飯田まで 
     
備考:




集合:7月17日(土)8:15塩山駅集合

交通:JR東京駅06:03発(中央特快高尾行き2番線)=JR新宿駅06:17発=立川駅06:43発=07:01高尾着
   (高尾7:06発(中央本線甲府行き)=8:14塩山)=(タクシー約45分)小室川下降点
   
   
ルート:小室川出合9:15-(15分)「林班界標60/65」地点-(1時間10分)不動の滝峰(1,343.9m)-
    (35分)1,490m点-(10分)「林班界標61/65」地点-(50分)1,708m-
    (1時間)1,840m―(50分)登山道―(10分)大菩薩嶺―(45分)介山荘(泊)
歩程:5時間45分+2時間・・・・・7時間45分 17:00介山荘に着く。

ルート:7月18日(日)介山荘-(35分)フルコンパ-(50分)ノーメダワ-(50分)追分-
    今倉山(サカリ山1,541.7m)に往復(40分)-(1時間)藤タワー(1時間)丹波バス停
    丹波発13:35=14:29奥多摩、丹波15:40=16:34奥多摩、1,010円)
歩程:4時間55分+1時間30分・・・・・6時間25分

地図:2.5万図 “柳沢峠、 大菩薩峠、丹波”
費用:約13,000円(宿1泊2食8000、宿は1部屋に2名です。新宿―塩山1,980、
タクシー代約3,000、丹波―奥多摩1,100、奥多摩―新宿990)
申し込み:7月7日(水)までにメール、電話、FAXでリーダーへ。
備考:1日目の登りはハードです。藪漕ぎもあります。2日目は下りがほとんどです。




参考:広域図